同人 > 加藤鈴木 > 僕と◯◯のお母さん > お母さんがどこかの○○とするので、僕も誰かのお母さんとします。

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2015年05月26日
シリーズ名僕と◯◯のお母さん
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル

作品内容

日曜日、僕は用事があったので外出していた。
目的の新作ゲームが手に入り、気分が良かったのに、数分後には最悪な気分になってしまった...。

『今日は折角の日曜日なんだし、家でゆっくりするわ。』

そう言っていたお母さんがお店から出るといて、後をつけてみたらマンションの一室に入っていった。
出迎えたのは一人の少年で、僕にはその子に見覚えがあった。

以前見たことのある、お母さんとその少年の破廉恥な動画に映っていた少年だ・・・。

僕はその場を離れて近くの公園のベンチに腰を掛けた。

しばらくの間、ぼーっとしていたが、お母さんがするのなら、僕だってする!

というわけで、誰かのお母さんを呼んでみた。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ156041
ファイル名/ファイル容量
RJ156041.zip / 70.41MB (73830965Byte)

お母さんがどこかの○○とするので、僕も誰かのお母さんとします。の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「お母さんがどこかの○○とするので、僕も誰かのお母さんとします。」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件