同人 > ネコミトリ > パジャマ萌えっ娘☆優愛

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

「ふぅ……おいしかった~」
 優愛は空っぽになった弁当の上に割り箸を置いた。
「デザートは何にしようっかな」
「おい、まだ食べるのかよ。いい加減太るぞ」
「いいの、いいの。ほら、わたしって太らないタイプだし?」
「いや、すでに――、イタッ!!」
 割り箸を投げつけられた。額にいい感じにあたりズキズキと痛む。
「いい? わたしはぽっちゃり系ってやつなの。最近流行の、ぽちゃガールなの」
「なんだよぽちゃガールって。山ガール、森ガールにコンプレックス持ってるのバレバレだぞ」
「あっ、言ったな。もう、怒ったんだからね~」
 優愛はにこにこしながらのそっと立ち上がって俺の腰へと抱きついた。
「へへへっ」
「ちょっ、何してんだよ!?」
「いやー、お腹すいちゃったからデザート食べようと思って」
 優愛はズボンの上から俺のムスコをそっと撫でた。布の上からでも脂肪がのって柔らかい手先の感覚が鮮明に伝わってくる。
「あったかいね」

作品情報/動作環境

作品番号
RJ153391
ファイル名/ファイル容量
RJ153391.zip / 70.77MB (74205863Byte)
メモリ
100MB
VIDEO
128MB
DirectX
9c

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パジャマ萌えっ娘☆優愛」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件