({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2015年03月12日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
72.43MB

作品内容

『おかえりなさい…こたつ…温めてお待ちしてました』

大切な人とこたつに入りながら過ごす温かい時間
それは冬の間だけの特別で幸せなひととき
ポカポカ…ポカポカ…こたつでまどろむ瞬間の気持ち良さ
こたつで温まりながら身も心も癒されていると…
温かさが次第に快感に変わり…そのまま深い快楽に溺れてしまう

催眠音声ならではの不思議な感覚をお楽しみください

◆内容説明◆

・プロローグ〜おかえりなさい〜
・こたつでポカポカ
・まどろみ
・告白
・カウントダウン
・いたずら(性感強化)
・愛撫
・いじり合い
・二人でひとつに
・焦らし
・挿入
・絶頂
・後暗示
・解除
・エピローグ〜おやすみ〜
・エピローグ〜おはよう〜

再生時間69~79分

※こちらは催眠音声です
催眠の技法を用いていますが全ての人に催眠効果をお約束するものではありません
 


制作
HypnoLife For MEN

CV:分倍河原シホ様
イラスト:柳原ミツキ様
音声編集 スクリプト 監修:kotoha

http://kotohaxhypnotic.blog106.fc2.com/

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「催眠音声~こたつ彼女~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 6件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

癒し(5) ラブラブ/あまあま(3) 中出し(2) 催眠音声(2)
おすすめ!幸せになれます

2017年04月07日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

商品説明には書かれていませんが、ヒロインの少女はこたつの付喪神です。アニメや漫画でもお馴染みなので、単なる擬人化よりイメージが掴みやすいのではないでしょうか。
本作品では彼女からの「恩返し」として、癒しとエッチを楽しめます。
聴いたのが3月下旬だったので布団の足下に湯たんぽを入れて聴いたのですが、イメージぴったりでした。

催眠誘導はこたつに入っているイメージで「じわじわ ぽかぽか」いった言葉で温感を感じさせる所から入ります。
聴いている内に頭がぼんやりしてきて、彼女に「好き」と言われた時にはとっても幸せになれましたw
催眠の技術が優れているだけでなく、会話シーンなどドラマ的な部分の脚本も良く出来ており、この辺は女性スクリプターさんならではと思います。

また分倍河原シホさんの演技が素晴らしいです。
基本穏やかな声なのでボーッと聴いてるんですが、要所で「ぞくぞく! ぞくぞく!」と語気を強めた感度上昇の暗示を入れてくれるなど、興奮度や気持ち良い感覚が持続しやすいです。
不意打ち的に「乳首を・・・・キュッ!」と言われた時には軽くイってしまいました(笑)

SEXシーンでは「互いの快感が伝わる」という感覚共有の暗示を入れられ、最後の絶頂は彼女のイキ声に合わせる形になります。
カウントダウンはありませんが、演技が上手いので絶頂のタイミングは掴みやすいと思います。
事後も後暗示を入れてくれるので幸福感を味わえ、体力の消耗が少ないから頻繁に聴けるのが嬉しいです。

エッチ度が控えめに感じるかも知れませんが、少女のキャラクターを壊さない方が大事なので全然OK。むしろウェルカムです(笑)。
分倍河原シホさんは最近、ドM向けの催眠音声(個人的には苦手…)で見かける機会が多かったので、本作品のような癒し系の作品に出会えてラッキーでした。大事に聴いていきたいと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

こたつがなくても聴けますけど

2015年07月18日  

このレビューは参考になった×0人

擬人化したこたつにいやらしく癒してもらえる催眠音声です。
残念ながらこたつをもっていないので毎日布団に潜りなら聴いてますが、
こたつに入って聴いてみたくなります。

決め手となったのは分倍河原シホさんという事です。

彼女のファンなら買って間違いない作品だと思います
エロシーンが少し人を選ぶかもしれませんが、ノーマル寄りなので大丈夫だと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!こたつに愛される、愛しあう催眠音声

2015年07月03日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

いつもお世話になっている、こたつが擬人化されたと聞いて。
段々とあったかくなっていくこたつさんらしく、非常にゆっくり、丁寧に催眠をかけてくれます。
じわじわと深化され、じりじりと快感を高めた後に、いちゃいちゃしながら密着しあっての本番となります。
この密着観が、お互いに好きあっているんだなという感じがして、とても気持ちよくなれました。

夏場に購入した身ですが、次にこたつ出す時には、こたつの中で聴いてみようかなと思います。
…低温やけどには、くれぐれも気を付けて!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

あのこたつの暖かさを感じられる作品

2015年05月14日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

こたつから出たくない!というあの感覚をより強く感じる事ができる作品です。
今作は擬人化したこたつさんからじっくりねっとりと温めてもらえる作品で、あまり激しい表現や動きはありませんが、段々と興奮を高められていって、心の底から気持ちよさを感じられると思います。

最後は、こたつと人、別れざるを得ないのですが、あの感覚をもう一度・・・と、繰り返し聞きたくなる事は間違いないと思います。

冬場によく温めた布団の中や、本当にこたつを使って聞くと、よりリアルになるんじゃないでしょうか?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

こたつが欲しくなる

2015年03月21日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

擬人化したこたつにいやらしく癒してもらえる催眠音声です。
残念ながらこたつをもっていないので毎日布団に潜りながら聴いていますが、やっぱりこたつに入りながら聴きたくなります。

購入の決め手となったのは分倍河原シホさんの声とジャンルで足コキシーンがあるのを確認したからです。

足コキシーンはアダルトパートに収録されていますが、このパートでこたつが「いい子」や「素直でかわいい」と持ち主を可愛がるセリフがあったりちょっと命令口調的なのが入ったりちょっと立場が変わっているのがツボに入りました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!コタツだからこその(当然だけど)すごい密着感

2015年03月14日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

この時期とってもありがたいコタツが美人のお姉さんになっちゃいました。
いつも愛用してくれるあなたにとってもいやらしいプレイで恩返しをしてくれます。

信頼と安心の分倍河原シホさんの素晴らしい声は今回も健在です。
催眠誘導であるとか、パートごとに声のトーンが結構違います。
これが抑揚となり、作品にとても入り込みやすいよう仕上がっていると感じました。

作中の序盤からですがアダルトパートはコタツの中で行われる行為のため、あまり元気には暴れられません。
ですので相手の距離を感じて、とてもスローに(時には意地悪に)、とてもいやらしく行われるのがたまりません。
この作品をおそらくは貴方もあったかいお布団の中で聴く事になると思いますので、すごくイメージしやすいと思います。
では、この流れで本番行為はどうなるのかというと・・・これはぜひ本編を聴いて実感してください。
ここまで性欲を掻き立てられるとは思いませんでした。すごくエロい。

それと気になったのが、「アレ」とか「ソレ」の名称をあまりストレートには言わず、少々ぼかして表現していたなぁと感じました。
逆にすごくいやらしいです。

以前の「猫耳っ娘-」も同様の感情を抱いたのですが。
すごくいやらしいのに別れがちょっとだけ切なくなるのは、作品の完成度が高い証拠なんだろうなぁと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]