同人 > L5EX > ストライク・○・ブラッドのラブラブなCG集

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 L5EXフォローする
販売日 2014年03月18日
最終更新日2014年03月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

ストライク・○・ブラッドの各ヒロイン達とのラブラブなえっちぃ和姦CG集です。

基本CGは14枚(雪○4枚、浅○、紗矢○2枚ずつ、他1枚ずつ)
差分4枚程度でCGのみ、SEつき、SE+セリフつきの計177枚。

おまけとしてラ・○ォリアのCGに
明るい部屋をイメージしたものを用意。
おまけを足すと合計192枚です。

ラブラブするキャラクターは
●姫柊 雪○
●藍羽 浅○
●暁 凪○
●煌坂 紗矢○
●南宮 那○
●ア○タルテ
●ラ・○ォリア・リハヴァイン
●叶瀬 夏○
●仙都木 優○
となっています。

サイズは約1600×1200または約1200×1600です。

※中にはラブラブと言い難いものも数枚あります。ご了承下さい。

■3/19 11時追記:一部画像の差し替えを行いました。
        購入済みの方はお手数をおかけいたしますが再ダウンロードしていただけると幸いです。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ131233
ファイル名/ファイル容量
RJ131233.zip / 72.68MB (76212812Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ストライク・○・ブラッドのラブラブなCG集」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

絵が上手い。

2015年10月05日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

ストライク〜の作品自体あまり多くはないのですが、今出ているものの中では、一番絵が上手いと思います。セリフ無しのCGがあるのは嬉しいのですが、吐息とかが無いバージョンも欲しかったです。次回作も出来ればストブラでおねがいします。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ストブラへのこだわりが感じられるCG集

2014年03月27日  

このレビューは参考になった×1人

ちょろいヒロインたちとラッキースケベで人気のハーレムバトルアニメのCG集。

ヒロインたちはほぼ全員登場し、正妻ポジションの雪菜は4枚、二号さんポジションの浅葱と紗矢華は2枚、他の子は1枚ずつと、人気に比例したセレクションです。NTR要素などはなく、男役はすべて主役の古城君です。

イラストの質は高く、アニメのキャラデザに似ていて非常にしっくり来ます。
またヒロインの性格もよく反映されており、浅葱はデレデレで従順、紗矢華はツンデレながら中出しをせがむなど、いかにもそのキャラが言いそうな台詞がつけられており、原作好きとしてはニヤニヤが止まりませんでした。

最終的には中出しして「赤ちゃん出来ちゃう…」というパターンが多いですが、妹の凪沙は挿入は無しで素股止まりなど、リアルなのもいいですね。

ストブラは人気の割に同人誌や同人CGは少なめなので、原作のファンでエロに飢えている方ならぜひ購入したい作品と言えそうです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]