同人 > 午前七時の合わせカガミ > TSF(変身)シリーズ > 女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

七夕喜久は、腐れ縁の悪友であり幼馴染でもある木嶋五十六が引き起こすハプニングに
巻き込まれることに嫌気が差していた。

そんな時、彼は学園のマドンナである高津柚奈に恋してしまった。

今まで一度も恋愛したことがない喜久は、どう気持ちを伝えようかと迷っていたのだが
幼馴染が預かっていた"女体化スーツ"によって、元の外見とは似ても似つかぬ小柄な女の子に
変身してから状況は一変する。

スーツの開発者であり、幼馴染の親戚にも目をつけられて、"女体化スーツ"の被験者になってしまった彼を
嬉し恥ずかしのハプニングが襲いかかる。

お互いにスーツを着た状態で、幼馴染との擬似百合プレイや、元の姿での幼馴染との禁断の交わり。
その上、後に明かされるスーツの恐るべき機能によって喜久の心は中身すらも女の子へと近づいていく。


(なんだよ!これぇ!俺はこんなこと言うつもりじゃないのにぃ!ふざけんな!って一言文句を言いたいのに!こんなの本当の女の子じゃないか!?)


可愛く、可憐な女の子へと変身できる"女体化スーツ"を着てしまったがために引き起こされる不幸。
性転換した少年の受難が今、始まった。

皮モノをテーマにしたTSF(変身)ストーリーです。


※1 本作品は6ページ(文字数5万字以上)になるノベル作品です。
※2 本作品には「佐野俊英があなたの専用原画マンになります」で作成したイメージイラストが7枚挿入されています。
※3 今回は強制系の描写はあるものの、若干甘めのストーリー展開となっています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ129577
ファイル名/ファイル容量
RJ129577.zip / 1.08MB (1130971Byte)
注意事項
この作品は「佐野俊英があなたの専用原画マンになります」を使用して作成された作品です

女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「女体化スーツの陰謀~七夕喜久の受難~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女体化(2)

おすすめ!豊富なテキスト

2014年06月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

テキストの量が非常に豊富でコミカルタッチなストーリーと合わさってとても楽しめました。
オチもなかなか意外性があり、明るいながらもぶっ飛んだ内容で好印象です。
皮モノが好きな方なら十分楽しめる内容だと思います

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

スーツの装着描写が○

2014年03月06日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

スーツの装着描写はかなりのもので、「皮モノは装着描写が命」と思っている身としては中々のものでした。
やはり、スーツを装着して変身する過程で、内臓(特に性器)の変化描写は重要だと思っております。

逆に、話の展開上主人公がスーツを脱ぐことができなくなったことで「スーツを脱ぐ描写があまり重点されて無い」ことになってしまい、その点は残念です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]