同人 > 2次元工房 > 隣の奥様は風俗嬢~朝に会ったあの奥さんはいやらしい風俗嬢だった~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年02月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

とあるマンションの玄関前、俺は呼び鈴を押す
扉を開けるとそこには美人の人妻が立っていた。


「牧村 志保」隣に住む夫婦の奥さんだ
マンションなので人付き合いもないし、俺は特別そうゆう事はしないほうだが
お隣だけは特別だ。
俺はこの綺麗な奥さんに会うため、巨乳のこのいやらしい体を見るため
なるべく隣とは付き合いを保っている。

「最近夜までお仕事大丈夫ですか、お体とか・・・」

「いやあ、大丈夫ですよ!丈夫だけが取り柄ですから」

他愛もない会話をし、時折目をやる彼女の巨乳・・・
俺は会社に行くときも、仕事中も、帰り道でも人妻のことを考え、卑猥な妄想を繰り返していた

もう我慢できなくなり、俺は風俗へ・・・
「お待たせいたしました」そこで出会った人物とは・・・

清楚だと思っていた人妻が実は性欲旺盛のいやらしい風俗嬢だった
そして、隣人から風俗嬢と客へ、さらには不倫関係へと続き・・・


隣の奥様は風俗嬢
朝に会ったあの奥さんはいやらしい風俗嬢だった

基本15枚、セリフあり、セリフなし、Lサイズ(1200×900)sサイズ(720×540)
差分合わせて総計280枚
となっています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ129473
ファイル名/ファイル容量
RJ129473.zip / 92.68MB (97179554Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「隣の奥様は風俗嬢~朝に会ったあの奥さんはいやらしい風俗嬢だった~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

憧れの人妻と

2014年12月15日  

このレビューは参考になった×1人

隣に住む憧れの人妻を寝取る話です。

隣に住む憧れの人妻を何かとつけて会いに行き、妄想するといった状態です。
ソープに行ったら、隣の人妻にそっくりな人がいたので、指名したら本人だった。
旦那に黙っているかわりに基本的なソーププレイをしてから生でやっちゃいます。
連日で通って、家に呼ばれるようになります。
その後は人妻の家でエロエロになり、寝取ってしまいます。
旦那はほとんど出てこないので寝取り感はないです。
むっちりしたエロい人妻を堕とすのを見たい人向けという感じです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]