同人 > 童子繭 > 毒虫 > 毒虫III

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 童子繭フォローする
販売日 2014年01月17日
最終更新日2014年01月21日
シリーズ名毒虫
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数59ページ
ジャンル

作品内容

「また、おっぱい大きくなったんじゃないか」と毒虫は私の胸部にある豊かな双丘を眺めながら呟く。「パパにいつも揉まれているからね」と私は嫌味を言ってやった。「頭も乳房も刺激が、一番の栄養」と毒虫は言って亀裂のはいった白い薔薇を私の乳首に引っ掛けた。「こうすると何かのオブジェみたいだな」と毒虫は言って薔薇の花弁に彩られた私の薄紅色の突起をいつもより熱心に舌で転がすのだった。「ああ、う、うう、く……も、もう何百回も舐められているのに、こんなに気持ちいいって変だね」と私は毒虫に言った。毒虫は私のビキニのパンティの紐にそっと手をかける。私の陰毛は露出して海草みたいに水中に淫らに拡散していく。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ128555
ファイル名/ファイル容量
RJ128555.zip / 1.03MB (1084366Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

毒虫IIIの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「毒虫III」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件