同人 > にこみどり > 田舎の風習で生贄に選ばれた少女 > 田舎の風習で生贄に選ばれた少女 -兄と弟と3人で…-

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

※本作は「田舎の風習で生贄に選ばれた少女 -弟の見てる前で…-」(NCMDR006)の続編になります


宴は一昼夜続き、少女はいつしか気を失っていた。
悪夢から目を覚ますとそこは、見知らぬ部屋。
村を抜け出し行方をくらませていた兄の手によって弟共々助け出され、村から離れた麓の安宿の一室に寝かされていた。

体を休めるために再び床に就こうとするが、あの香の効き目なのか、体が熱く火照っていく少女。
兄をも巻き込み、兄弟3人の淫らな夜が始まる…。

そんな今回のお話は以下、3話構成となっています。


■第1話 声を押し殺しての自慰
あの香の効き目がまだ抜けていないのか、昨晩の宴の影響か、少女の体は熱く火照り疼いていく。
こんな事をしてはだめだと頭では分かっていても、指の動きは止まらず、隣で静かに寝ている弟、そして、
障子一枚隔てた渡り廊下で寝ずの番をしている兄に気付かれないように、必死に声を押し殺して自慰に没頭する少女。
最後は腰がぐっと持ち上がり、えび反りになって果ててしまう。

■第2話 声を押し殺しての弟とのまぐわい
いつから目を覚ましていたのか、少女の自慰行為は弟に見られていた。
その弟もまた、香の効き目が残っていたのか、自慰が終わるや否や少女に襲い掛かる。
やめてと懇願する少女。しかし、弟の愛撫に耐え切れず、自ら弟の上に跨り騎乗位で繋がってしまう。
すぐ傍にいる兄に気付かれまいと唇を噛み締め、必死に声を押し殺す少女の喘ぎは、その容姿からは想像つかない程に艶かしいものだった。

■第3話 兄と弟と3人で…
異変に気付いた兄に、弟と騎乗位で繋がっている所を発見され、涙目で「ごめんなさい ごめんなさい」と謝る少女。
そんな、弟と繋がったままの少女の尻を兄は激しく摂関する。痛みで悶絶する少女。
しかし、その痛みも徐々に快楽へと変わっていき、遂には兄にも求め始めてしまう。
前の穴に弟の物が入ったまま、弟とは比較にならないくらい太く長い兄のペニスが、少女のアナルへズブズブとめり込んでいく…。


■声の出演:蝉サブレ
■イラスト:柏木郁人
■ シナリオ:狸山ポン太
■ 編集、音楽:yan@trinitei


----------------------------------------------------------------------
収録ファイル
・本編 第1話 声を押し殺しての自慰 (約18分)
・本編 第2話 声を押し殺しての弟とのまぐわい (約20分)
・本編 第3話 兄と弟と3人で… (約15分)
・本編 エンディング曲
・(おまけ)本編のSEの中で、マン屁だけ無しバージョン
・(おまけ)本編のSE全部無しバージョン
・(おまけ)パッケージイラスト (ロゴ無し)
----------------------------------------------------------------------


★こだわりのセールスポイント
・第1話、第2話はどちらも、声を押し殺した少女の悩ましい喘ぎ声が堪能できます。荒い呼吸やひそひそ声等がお好きな方は是非!
・今回は今まで以上に挿入時のネチネチぐちゅぐちゅといった音に拘りました。第2話では、奥まで入った時の汁気成分を多目に調整してあります。
・第3話はアナルという事で、挿入時に「ブリっ」といった所謂「マン屁」を入れてみました。苦手な方向けにおまけで「マン屁無しバージョン」もご用意してあります。
・前作からの流れで、性に目覚め始めてしまった少女の声をたっぷりとご堪能下さい。ヘッドホン推奨。

※体験版はクロスフェードデモCMとなっております。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ128491
ファイル名/ファイル容量
RJ128491.zip / 301.09MB (315718917Byte)

田舎の風習で生贄に選ばれた少女 -兄と弟と3人で…-の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「田舎の風習で生贄に選ばれた少女 -兄と弟と3人で…-」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

三人の淫らな夜

2014年03月20日  

このレビューは参考になった×2人

にこみどりさんの「田舎の風習で生贄に選ばれた少女」の続編。
今作では前作で幽閉されていた屋敷から抜け出した状態で物語が始まります。
プレイ内容はオナニー、弟との本番、兄を交えての3Pとなっています。
三話構成の前二話では声を殺して周囲にバレまいとみだらな行為に及ぶ姿が大変エロい。
第三話では前と後ろで兄と弟を受け入れ激しく交わります。
少女のものとは思えない激しい交わりは艶かしく背徳的でそそるものがあります。
にこみどりさんの作品のセールスポイントでもあるSEも非常にエロく、プレイの興奮をさらに高めてくれるのではないでしょうか。
近親相姦が好きな方や、プレイにはエロいSEが不可欠!!という方に是非オススメです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]