同人 > 鮎川かほる > 哀しき隷母

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2014年01月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数154ページ
ジャンル

作品内容

門倉美也子は、息子の同級生と肉体関係にあった。息子を守るためにしかたなく未亡人の熟れた躯を捧げたのだ。美也子は、自宅で加虐嗜好の強い行為に身悶えした。二人の若者から責められる美也子は、前後からはさまれての性行為も強要され、生汗で濡れそぼる裸体をいいように弄ばれるのだ。連日のように責められる美也子にやがて被虐の高ぶりが巣くうようになってきた。美也子はしとどに花芯を熱く濡らし、若者たちの肉棒にひれ伏すのだった。
 そんな美也子に息子のかおるまでもが情欲を示すようになった。勃起させたペニスを押しつけてくるのだ。とうとう、美也子はかおるに躯を許した。瞳に涙を浮かべながら魅惑の臀丘を提供する美母。母親似の少女のような美しい顔立ちをしたかおるの肉棒が悦びを表すかのように美母の胎内で跳ねる。息子との近親性交に涙しながらも若い男根の暴力的なうごめきに、美也子はどうしようもなく蜜液を流すのだった。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ128357
ファイル名/ファイル容量
RJ128357.zip / 520.25KB (532731Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「哀しき隷母」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件