同人 > FAKE庵 > とんで火にいる無知のJ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 FAKE庵フォローする
販売日 2013年12月31日
最終更新日2017年06月01日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

ある日突然、空手部の男性顧問の自宅アパートにやって来た教え子ふたり。

「エッチなことが知りたい」

そう言って、半ば強迫的に「男」を教えてもらいたがる処女ふたりを、本人達の望む以上に
朝まで責めたてる3Pストーリー。

混浴から始まり、愛撫、キス、フ○ラ、ついには処女喪失と、頭から終わりまで、
ひたすらエッチしまくるオリジナル漫画。

表裏表紙抜き64P

肉付きのいい身体だが意外と純情な褐色娘と、スレンダーボディで責められ好きのドM娘。
このふたりが、基本Sな顧問に開発されていく様をお楽しみください。

*一部内容変更

*画像サイズ798x1129に変更
 
*カラー表紙塗り直しバージョンに変更

*モノクロ表紙追加

作品情報/動作環境

作品番号
RJ127348
ファイル名/ファイル容量
RJ127348.zip / 41.27MB (43277886Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

バージョンアップ情報

  • 2017年06月01日
    内容追加その他
    *一部内容変更

    *画像サイズ798x1129に変更
     
    *カラー表紙塗り直しバージョンに変更

    *モノクロ表紙追加

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「とんで火にいる無知のJ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

褐色/日焼け(2)

懐かしい感じの

2014年06月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

どこか懐かしい絵柄、キャラデザインが妙にエッチなサークルさんのJKモノの作品です。
懐かしい絵柄とは書きましたが絵はとても上手で作品に登場する二人の女の子の肉感も生々しくてエロいです。
サンプル絵だけでもエロさは伝わると思いますが購入して是非、このエロさを体験して欲しいですね。
作品もライトなノリで読みやすかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ページ数もうれしい個性派の一作

2014年03月19日  

このレビューは参考になった×0人

80年代後半〜90年代前半ごろを思わせる、ちょっとノスタルジックな絵柄が魅力のサークル様の作品。
それぞれに個性豊かな二人の教え子と、60ページを数えるボリュームでひたすら濃厚なプレイを繰り広げる、羨ましくもオトク感あふれる一作。個人的には、褐色筋肉少女のほうが見せる「センセに気のあるそぶり」が可愛く描かれているところがGOOD。
絵柄の個性はそのまま好みのわかれるところでもあるけれど、サンプルをみてグッときた方なら、お値段以上の価値ある一作
だと思いますよ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]