({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 童子繭フォローする
販売日 2013年12月28日
最終更新日2014年01月19日
シリーズ名毒虫
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
729.46KB

作品内容

義理の父(22)の毒虫は風俗嬢をやっていた死んだ母の男。母がいなくなって誰も邪魔が居なくなったのをいい事にあいつは父親という絶対的に優位な立場を利用して自由に私の体を陵辱する毎日。保護者であるヤツが私の生活費から学費まで全てその美しい容姿を活用してババアたちから搾り取ったお金で賄ってくれているので、私は全く抵抗することが出来ない。年齢のわりに巨乳で顔はしっかりロリな私の肉体の全てを毒虫は愛している。
 毎晩夜遅くにホストクラブで婆のアソコを舐めた舌を清めるが如く、毒虫は酒臭い身体で私が寝ているベッドにもぐりこむ。そして眠気で朦朧としている私のあそこを丹念に嘗め回し、いつのまにか洪水みたいにビチョビチョにさせるのだった。そして朝方まで若い毒虫は腰がくだけそうになるまで、無抵抗の娘の私を犯しまくる。
 (約29,500字、58ページ)。

下記抜粋

「ねえ、こんなところで何やってくれるんだよ」と私が毒虫の尻を必死でつねろうとしたが、筋肉でかたいヤツの尻に私の爪は食い込まない。
「美術館でこういうことをやるのが、俺の少年の頃からの夢だったんだ」と毒虫が私の髪を撫でながら優しく微笑む。そしてニヤニヤ笑いながら、私のスカートの股間の辺りに熱っぽい視線を送ってきた。そこには今朝ヤツがホテルで仕込んだ、指の先っぽくらいの小さなローターがブブブというとても微弱だが不気味な音をたてて振動している。毒虫いわく一番弱いパワーに設定してあるらしいのだが、頭がくらくらするくらいの快楽が脊髄を伝って私の身体全体を支配する。やっぱり人間もただの動物ということで、快楽は痛みと同じくらい私たちを簡単に圧倒してしまうみたいだ。なんだか口のなかに唾液があふれてきて仕方がない。こんなんで、どうやって名画を鑑賞しろっていうんだ……。

毒虫IIの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「毒虫II」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件