同人 > D's production > ふたなり エレジー

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

実母が死んだことにより、親戚の家に引き取られることになった、ふたなり少女・美紗紀。

巨乳のおばさんと、かわいい年下のロリ少女が、新しい母と妹になり、戸惑いを覚える。

一方、転校先の学校では、ふたなりを敵視する少女たちが、美紗紀の正体を探ろうとしていた・・・

ふたなり少女やロリ少女、巨乳のおばさんなどが絡み合う、エロあり、笑いあり、涙ありのアドベンチャー・ゲーム!

キャラクター紹介1

ふたなり エレジー [D's production]

美紗紀(みさき)。
とても内気な少女。
実はふたなりだが、今まで自分以外のふたなりに会ったことがないため、自分自身の体や性欲に戸惑い、悩んでいる。

ふたなり エレジー [D's production]

“親戚のおばさん”、京子(きょうこ)。
見ての通り、巨乳。
気さくで冗談が好きだが、それゆえに美紗紀に変な人だと思われる。

ふたなり エレジー [D's production]

京子の娘、美佑(みゆ)。
ロリ担当。ギャグ担当でもある。

 

キャラクター紹介2

ふたなり エレジー [D's production]

クラスメイトの玲奈(れな)。
かなりぶっ飛んだ人物。わりと巨乳。
と、美紗紀には認識されるが・・・

ふたなり エレジー [D's production]

同じくクラスメイトの加奈(かな)。
内気で大人しい女の子。

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ126988
ファイル名/ファイル容量
RJ126988.zip / 273.6MB (286894685Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ふたなり エレジー」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!ストーリー重視なら

2014年09月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵柄は好みが分かれると思いますが、ストーリーは上質なものだと思います。

ふたなりがごくまれに生まれる世界で、男性とも女性とも違う両性具有者は差別され、迫害を受けるというのが一般常識。
主人公のふたなり少女も、学校でのいじめや、母親からの虐待などで日常的に神経をすり減らして生きて来た。
物語は、母親の死を告げる一文から始まります。

ふたなりに対する世間の冷たい眼差し。同級生からの陰惨この上ないいじめ。血の繋がった家族であっても愛せない、あるいは世間の差別的な目に晒されたせいで疎ましく思うようになってしまったり、とにかく「ふたなりである」というだけで「悪」とみなされてしまうような、そんな暗く悲しい雰囲気が、物語の大半を覆っています。

でも主人公の義理の母親となってくれた女性や、その娘、新しい学校で出会った友人らとは、一悶着の後、ちゃんと心を受け入れ合って、幸せな関係を築いてくれます。
陰惨で悲しいシーンも多いですが、ハッピーエンドなので、頑張るヒロインがお好きな方は、じっくり楽しめると思います。

あるコンプレックスや悩みを抱えている人ならば、この物語の優しさが身に染みるかもしれません。
母親に愛されなかった、誰からも受け入れられることを知らなかった主人公は、何か起きても全部自分が悪いのだと思い込んでしまう。とても憶病で、言いたいことの半分も言えず、やってもいない悪事に頷いてしまったり……そんな弱さ、儚さ、要領の悪さは、とても現実的で、見ていると胸が痛みます。

選択肢は二週目に一つ出て来るだけですが、ストーリーは読み応えありました。
Hシーンも色々ありましたが、シーン自体は短めで官能小説っぽく、「ぬるぬるぐちょぐちょエロシーン!」を期待すると、物足りないかもしれません。

血みどろリョナとはまた違った、優しい素敵なADVです!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]