同人 > DameDungeon > ある冒険者たちの結末

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月12日
最終更新日2013年12月22日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■ 第二版に改稿し、不幸表現・暴力表現を一部カットしました ■

90年代風ファンタジー世界を題材にしたCG集+中編ノベル集です。
シチュエーションは魔物との戦闘シーンから
敗北、異種姦・輪姦、孕ませ、出産と一通り描写してあります。
ロング・ソード持ちの女戦士やミスリル・ソード持ちの女エルフが
ゴブリンやオークの群れに飲み込まれて輪姦される感じです。
敗北や凌辱については、かなりハードな描写になっております。

相変わらず文章が無駄に多めで
純粋なCG集として求められる方には読み疲れるやも知れません。
何とぞ事前に無料体験版のダウンロードをよろしくお願いします。

体験版はこちらのURLから直接閲覧することもできます。
http://damedungeon2.sakura.ne.jp/storage2/DD13A_arubou_trial/index.htm

--
あらすじ:

光神エリオスと魔王バニコスが何千年も戦い続けている世界。
光と闇の戦いは、人間と魔物の戦争に姿を変えて拡大していく。
架空の国家「アルメキア王国」において
冒険者たちは魔物退治をしたり、迷宮に挑戦したり、
時には騎士団に雇われて魔王軍との戦争に参加したりする。

ところが魔物とは、基本的にオスしかおらず、
人間の女性を襲って繁殖する生物だった。
なので女冒険者が敗北するたび、
彼女は魔物たちに寄ってたかって取り合いされて、
延々と魔物の子を産まされる……

--
ゲーム世界でモンスターをやっつけた時、あるいはモンスターに負けた時、
実際のファンタジー大陸ではどんな展開が起こっているのか?
剣とは包丁のお化けであり、それをブン回すということは、命がけということだと思います。
その辺りをガチで描写してみたところ、
ものすごく血生臭いバッドエンド集が出来上がってしまいました。
ファンタジーRPGとは、実は大変なジャンルなのかも知れないです。

主要ヒロイン:
新米女冒険者
女アーチャー
女戦士スカーレット(ローパーに食われて死亡)
エルフの精霊術士グリーネ(ゾンビに感染して死亡)
女アサシン
女戦士シエル
エルフの族長
エルフの魔法剣士

※エロ鑑賞中に胸の悪い展開ならないよう、
作中で死亡するキャラには事前にネタバレを付けています。
文章上だけでの惨死であり、ヒロインのグロ死体CGなどはありません。
野良の女ゾンビは死体ですが。

主要モンスター:
ゴブリン
ローパー
ゾンビ
オーク
ダーク・エルフ

仕様:
標準CG(800ピクセル)と、大判CG(1024ピクセル)の鑑賞モード
原寸や拡大仕様の特大版サイズのCGフォルダ
主力エロCG 基本26枚 差分込み151枚
非エロ・微エロ画像 基本29枚 差分込み30枚
モノクロの挿絵 基本8枚 差分無し

テキスト約15万文字
(ライトノベル二冊分ほどあります……
 作り手としても多すぎると思っておりますので、次作こそは要約します。)

WindowsXP/7にて動作確認。
通常のウェブサイトと同じ形式ですので、
Vista/8/MacOSなどでも動作するはずですが、
XP/7以外は動作保証外とさせて頂きます。申し訳ありません。
トラブルの際には当方の出来る範囲でサポートをさせて頂きます。

生存競争シリーズにつきましては
決して放棄はしておりませんが、現在優先順位が下がっております。
こちらも申し訳ありませんが、今しばらく時間を頂きとうございます。
ゆっくり脚本や方法論を練りながら、
別シリーズとも並行して企画していく所存です。

--
アップデートについて

2013年12月下旬に第二版へのアップデートを行ないました。
・ラフCG3点、エロCG1点を追加。
・テキスト中における不幸表現・暴力表現を一部カット、または改変。
・エルフ剣士シャルハートのエロシーン文章を全面改稿。

登録ユーザーの方は、作品を再ダウンロードして頂けますと最新版を入手できます。
(購入済み作品の再ダウンロードは無料です)
ゲストユーザーの方は、お手数ですが下記のURLからアップデートファイルを入手して、
手動での更新をお願いします。
http://damedungeon2.sakura.ne.jp/storage2/DD13A_arubou_ver2updater.zip

--
ある冒険者たちの結末 履歴

2013年12月 定価900円(税別)にて発売開始
2013年12月 第二版にアップデート

独自視点で掘り下げた90年代ハイ・ファンタジーの世界観

(「第四章 オーク編」より抜粋)

オークは悪魔族に分類される亜人種。
人間よりやや長身で筋骨が太く、豚によく似た顔をしている。

100頭ほどの部族単位で生活し、狩猟や略奪などで糧を得る。
その特徴を説明するに、
『オークは種族そのものが山賊である』などといった比喩が用いられる。

性欲が非常に強く、人間の女性をしつこく狙う。
オークは子孫の繁殖を非常に喜び、とにかく人間に子を産ませようとする。

オークを始めとする4種類のモンスターと、エルフ&ダーク・エルフが登場

ある冒険者たちの結末 [DameDungeon]

ゴブリンは
妖魔に分類される亜人種。

人間より一回り小さい体格で、
森や洞窟などの
暗い場所に好んで巣穴を作る。

苔色の肌に赤い目で、
夜目が利き、聴覚も鋭い。

知能、腕力ともに人間より劣るが、
簡単な人語を話し、火や武器を使うことも出来る。

ある冒険者たちの結末 [DameDungeon]

ローパーは、
円筒状の胴体部分から
多数の触手を生やした
中~大型モンスター。

胴体の長さは
2~3メートル。
触手の長さは
7メートルほどの個体が一般的。

ただし触手には
高度な伸縮性があり、
最大で20メートル近くまで
伸ばすという報告もある。

ある冒険者たちの結末 [DameDungeon]

ゾンビとは、
死霊術(ネクロマンシー)によって
術者に動かされる死体。

または脳や魂を破壊され、
肉体だけが活動する状態の生物。

今回扱われるのは後者であり、
魔物として扱われる。

近年は特に、寄生虫を病原体とする
感染症としてのゾンビ化が、
アルメキア王国に脅威を与えている。

ある冒険者たちの結末 [DameDungeon]

エルフは人類の祖先と
考えられる上位種族であり、
高度な魔力と
寿命のない肉体を持つ。

またその長寿ゆえに
圧倒的な知識を蓄え、
人間など他種族を
「幼児」として見下す傾向がある。

基本的に人間側にも魔王軍にも
属さない中立勢力である。

山林の奥などに村を構え、
世捨て人として生きている。



※ダーク・エルフは敵役で、男性のみ登場します。

(上のサンプルの続き) エルフ族筆頭の魔法剣士も、奮戦むなしくオーク軍団に敗北

ある冬の朝、山中でひっそりと暮らしていた樹エルフ族の村は、魔王軍の一個大隊に奇襲された。
たちまち巻きおこる戦火と剣風の中で、エルフとオークは次々と落命していく。

エルフ族筆頭の魔法剣士であるシャルハートは、巧みな剣と魔法で次々とオークを屠りさる。
朝が昼になり、その陽も傾きかける頃まで、シャルハートは一人で戦っていた。

村全体の戦況はどうなのか、なぜ他のエルフ戦士たちから連絡が入らないのだろうか。
美しい金髪を汗に濡らして疲労したシャルハートは、
ついに五十頭ものオーク兵たちに包囲されてしまった……

(シャルハートは本作の主要ヒロイン8名中、凌辱CGの枚数が最多タイ)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ126336
ファイル名/ファイル容量
RJ126336.zip / 218.34MB (228946008Byte)
HDD
展開時230MB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ある冒険者たちの結末」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!ハードなファンタジー異種姦

2013年12月13日  

このレビューは参考になった×6人

ファンタジー異世界を舞台にした異種姦孕ませモノの一次創作作品です。

ファンタジーものではお馴染みの女戦士や弓使い、アサシン、またはエルフといったヒロインたちが無惨に魔物たちに陵辱され、繁殖の苗床にされていきます。

他作品も多く作られている、ファンタジー+異種姦という非常にポピュラーな取合わせのテーマの中で、この作品を際立たせているのは、丁寧かつシリアスに描かれる濃厚で生々しい、孕ませに特化したテキストの語り口です。
ただ犯されるだけではなく、望まぬものの種を付けられ孕まされる女性冒険者たちの肉体面と心理面の描写は、その方面のマニアにとってはまさに、かゆいところにピンポイントで手が届く、琴線を直撃して刺激してくれる素晴らしさです。

もちろんイラスト面でも、孕ませ作品ならもはやお馴染みの透過図や断面図での胎内陵辱表現や、腹ボテや出産などの濃いシーンは当然完備されているので、視覚的な実用性の高さは折り紙つきです。

解説にあるようにすべてのストーリーが、文字通り救いのないシリアスなバッドエンドとなっておりますので、よりソフトな結末を好まれる方は少し注意が必要です。しかし、異種姦孕ませ好きなら是非とも押さえておきたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

まさに悪い夢としか言いようのないBADEND。

2017年04月13日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

戦争における凌辱が主であるため、苛烈さ・悲惨さはトップクラスである。とにかく勝者である魔物側は、遠慮ということを知らない。

苗床化・家畜化は一ジャンルになるほど多いとはいえ、今作は群を抜いて威力ある作品となっている。その一因はじっくりと描写され、絶望に染まってゆくキャラを読ませられるからであろう。
特に、戦場という異常空間性、そこで犯し犯される逸脱状況性がCGとともに強烈なまでに光っており、読者を「狂った世界」に引き連れていく。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

文章が良かった

2017年03月19日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

絵よりも文章が読みたいがために購入させて頂きました。
エロシーンだけを抜粋している感じではなく、きちんと導入部分も描写されているのがとても良かったです。
実際のファンタジーの世界の中では、こんな感じだろうなという風に考えることができ、世界に入り込むことが出来てよかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!オリジナルダークファンタジー

2015年06月03日  

このレビューは参考になった×1人

独自の世界観における凌辱ファンタジーCG集です。CGだけじゃなく文章も質、量ともにかなり気合入ってます。サークルさんのエロファンタジーに対する熱意が伝わってくる作品ですね。凌辱が日常のファンタジー世界におけるありふれた悲劇をオムニバス形式に仕立ててあり、孕ませボテ腹BADENDをたっぷり堪能できます。世界観がしっかり練ってあるのがいいですね、地盤がちゃんとしてるからこそエロも映えるのでしょう。個人的にはオークに占拠されたエルフの集落がオークの繁殖牧場にされるのがツボでしたね、エルフのボテ腹が並ぶ様は圧巻でした。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

敗北陵辱 バッドエンドが好きな方に

2013年12月29日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

このサークルの特徴として、世界構築や心理描写、陵辱までの過程がしっかりしている、というのがあります
文章はやや長めになってしまいますが
ファンタジー世界にどっぷりとはまって楽しめるよさがあります

基本的にバッドエンド集であり、女の子に救いがないので
そういうのが苦手な方にはおススメはできませんが、
逆にそういう作品は意外と少ないのも事実
好きな方には自信を持っておススメできます
異種姦好きはぜひ手にとって貰いたいですね

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

救いようのないバッドエンド

2013年12月26日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

どの娘も悲惨な末路を迎えています
昔RPG等でモンスターたちに負けたNPC等はどうなるのかと妄想した人、女の子達が絶望しながら陵辱されるのが好きな方、戦火の中で泣き叫びながら犯される女の子を見るのが好きな方にお勧めです

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]