同人 > 童子繭 > 毒虫

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 童子繭フォローする
販売日 2013年12月06日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数56ページ
ジャンル

作品内容

義理の父(22)の毒虫は風俗嬢をやっていた死んだ母の男。母がいなくなって誰も邪魔が居なくなったのをいい事にあいつは父親という絶対的に優位な立場を利用して自由に私の体を陵辱する毎日。
保護者であるヤツが私の生活費から学費まで全てその美しい容姿を活用してババアたちから搾り取ったお金で賄ってくれているので、私は全く抵抗することが出来ない。年齢のわりに巨乳で顔はしっかりロリな私の肉体の全てを毒虫は愛している。

 毎晩夜遅くにホストクラブで婆のアソコを舐めた舌を清めるが如く、毒虫は酒臭い身体で私が寝ているベッドにもぐりこむ。
 そして眠気で朦朧としている私のあそこを丹念に嘗め回し、いつのまにか洪水みたいにビチョビチョにさせるのだった。
 そして朝方まで若い毒虫は腰がくだけそうになるまで、無抵抗の娘の私を犯しまくる。

 ある日毒虫は子供の頃によくいった思い出の能登半島に私を旅行に連れ出した。誰もいない浴室で毒虫は私の身体を、時間をかけてゆっくりと愛撫し開発していく。
 金沢のホテルでは毒虫は裸の私にボジョレーをぶっかけて、まるで鮮血にそまったような身体を熱心に嘗め回して、私を更に倒錯的世界につき落とす。私の身体はだんだん毒虫に支配され、やつの肉体の魅力に抗うことができなくなっていく
(約21000字、55ページ)。

下記抜粋
「お前ガキのくせにエロすぎんだよ。乳のサイズ幾つだよ」と毒虫が言った。
「ロリコンおやじがうるせえよ」と私は自分でも恥ずかしいくらい大きい胸を両手で隠そうとしたが、毒虫の細いが筋肉質な腕が私の手を払いのけ、おっぱいに顔を近づけて真正面から見据える。
「お前裸のままで鞄しょってみろよ」と毒虫は目を輝かせて言った。
「何言い出すんだよ。くそ変態おやじ」
「お前その身体で、すっ裸で、学校の鞄しょったら変態エロ度数は神レベルだぞ」
「やるか、馬鹿。死ね」
「早く背負えよ。ほら」と毒虫は足元にあった鞄から教科書をゴミみたいに床に放り出し、空になった赤い鞄を私の前に突き出す。
「私が警察に行ったらあんた即効逮捕だよ」
「お前施設に行きたいのかよ。集団生活なんてお前に出来るのかよ」
「あんたに毎日ただでやられるよりましだろ」
「とにかく背負えよ。背負ったらお前のオッパイが縮むわけでもないだろ」と彼はニヤニヤしながら言った。
「わかったよ。糞ロリコン野郎」と言って私は鞄を背負った。金具のところが裸の背中や腕にあたって冷たい。
「お前それ背負ったままで四つん這いになれ」
「ちゃんとゴムつけてよ」
「当たり前だ。俺達は親子だろ。ゴムをつけないと親子関係が"ややこしく"なるだろが」と言ってやつは意外に素直にゴムを装着する。
「もうゴタクはいいって」と私が言った瞬間”熱”が下腹部で膨張した。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ126166
ファイル名/ファイル容量
RJ126166.zip / 759.39KB (777611Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「毒虫」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!読んでて自分が嫌にならない(笑)ロリ鬼畜

2013年12月12日  

このレビューは参考になった×0人

どうせ、鬼畜親父に女の子がヤラれまくって、
最初は抵抗していたのに、いつの間にか身も心も・・・
っていう、お決まりのパターンね。はいはい。

などと思っていると、裏切られます(笑)

主人公の女の子がちょと老成しているのは判断の
分かれる所でしょうか。

でも意外と女の子って、マセてるというか
びっくりする位、大人だったりするんですよね・・・

まだ荒削りな感は否めないですが、この値段なら
買って良いと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]