同人 > SOFT ON OMANKO > 童守シリーズ > 童守むちむちむっちり小便ザーメン浴尿飲尿飲精ぶっかけ便所当番

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年12月10日
シリーズ名童守シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

学校一の問題児・トラブルメーカーの美樹ちゃん。そんな彼女に、指導・更正のために『便所当番』の命が告げられるのだった・・・。だが、それはただの便所当番ではなかった・・・。
地獄先生○~べ~・細○美樹のエロCG集になります。

【ストーリー】
いつも問題や騒ぎを起こしては先生たちを困らせるトラブルメーカーの問題児・美樹ちゃん。
そんな彼女に、罰と更正と指導のため、ついに校長から『便所当番』を命じられるのであった。
だが、それはただの普通の便所当番ではなかった・・・。

小便ぶっかけ、精液ぶっかけ、フェラ抜き構内発射ゴックン、口内放尿ゴックン飲尿、
手コキ発射ぶっかけ浴尿、尻コキ発射、ザーメンを小便で洗い流し、生ファック中出し、
膣内放尿・・・などなど、
これまでになく美樹ちゃんが無茶苦茶に犯られちゃうハードプレイハードコア作品となっております。

※作者の趣味と性癖のため、ぶっかけ、おしっこぶっかけ、飲尿、浴尿メインのエロCG集となっております。
基本17枚。(内、冒頭漫画2枚を含む※サンプルのやつ)
+各差分、文章差分、身体のラクガキ有り無し差分、など。
今回は、ちゃんと文字なし差分も付いています。ご安心ください。

寒いこの季節、ションベンシャワーでほっかほかに温まろうぜ!

オープニング1

 

オープニング2

 

そして・・・

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ125996
ファイル名/ファイル容量
RJ125996.zip / 91.82MB (96277078Byte)

童守むちむちむっちり小便ザーメン浴尿飲尿飲精ぶっかけ便所当番の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「童守むちむちむっちり小便ザーメン浴尿飲尿飲精ぶっかけ便所当番」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

綺麗な絵柄から渾身のハードコアプレイ

2014年01月18日  

このレビューは参考になった×0人

90年代に人気だった某怪奇漫画のお色気担当巨乳キャラがこれでもかというくらいにおしっこや精子を浴びまくるCG集です。
キャラクターの絵柄はメインキャラはもちろん冒頭でチラっとでてくる主人公も含めてそっくりに描かれています。

幼少期にこの原作漫画を読んで性に目覚めた方も多いと思いますが、本作は少年誌的な生易しい表現ではなく超ハードに描かれています。
プレイ内容は浴尿・飲尿などを中心にコアな展開で描かれています。
エ〇ズビデオグループのアダルトビデオなんかが得意そうなジャンルといえば分かりやすいでしょうか?
綺麗な絵柄から繰り出される生温く臭いアンモニア漂いそうなプレイのギャップがとても激しく、趣向が合致する方にはたまらない内容だと思います。
そういったビデオを紹介する際に、『キャプ画にするならこのシーン』というのがあると思うのですが、本作で描かれているのはまさにそういった場面です。

原作との関連性はほとんどないパラレルな展開のため、原作のファンよりもプレイ趣向に合ってる方向きの作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]