同人 > 鮎川かほる > 陰花絢爛 M女たちの哀歌

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年11月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数267ページ
ジャンル

作品内容

美しき未亡人、伊藤佳美は息子を守るために不良大学生の情婦となった。加虐性愛者の大学生たちの手で、性奴へと堕とされる。鞭打たれ、浣腸による背徳の調教が連日繰り返され、佳美はやがて、被虐的な悦楽をその熟れた肉体に教え込まれていった。
 相川志保里は、元教え子の手によってレイプされ、肉体関係を続けていた。志保里もまた、肛虐の虜となり、異物をアヌスに挿入したまま教壇に立つように命じられた。
 木之元静香は、義弟に犯された。静香の妹も加わり、禁断の近親相姦図が繰り広げられる。肛交、レズ行為、露出調教により、静香の肉体は、マゾ化していく。
 「ああ、マゾ的な気持ちを抑えることができないわ…もうどうなってもいい…あ、あなたの奴隷でいさせて!」
三人の女性が織りなす哀しくも美しい物語である。

目次
1  肛虐奴隷夫人
2  母は生贄奴隷
3  肛悦の女
4  野外浣腸に啼く
5  兄嫁
6  妹はサディスト
7  嬲られる美しき姉
8  兄嫁を露出調教に
9  牝になった女教師
10 悲しき母の涙
11 マゾの悦び

作品情報/動作環境

作品番号
RJ125608
ファイル名/ファイル容量
RJ125608.zip / 1.25MB (1315521Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「陰花絢爛 M女たちの哀歌」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件