({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年11月25日
シリーズ名オリジナル
年齢指定
全年齢
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
37MB

作品内容

近頃、騒がれている事件がある。
ほぼ毎晩、とある塾の塾生が、襲われる通り魔事件。

轟道雄は暗い夜道を走っていた。
背後から迫る影。
振り向いて視界に映したその姿はどう見ても異形。
大きく開かれた口。
死を覚悟して目を瞑る。
その時、大きな鎌を振りかぶって、どこからともなく一人の少女が現れた。
「ぼさっとしてんな!逃げるぞっ」
影を切り伏せ、少女は道雄の手を取り走る。

『なんなんだよあれ!?』
『人間』
(いっみわかんねぇ…)
家に帰り、先程のことを問いただしてみても、少女から返るのは電波な答えばかりだ。
道雄は風呂の中で頭を抱える。
それを尻目に、平然と少女が風呂場へ入ってくる。
その股間につく"あるはずのないもの"。
「…なんでゾウさんついてんの?」
「男の子だもん。当たり前だろ?」
ガキか、と吐き出すように蔑まれる。

(当たり前じゃねー!!)

【本文31P/おまけ設定資料3P】

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「WORLD REPLAY RESTORATION」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件