同人 > 冷凍しじみ > 真夜中すぎのひと

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年11月23日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

ゴロツキ二人に連れだされ、深夜の森を訪れた奥さん。
「こんな夜更けに非常識じゃないですか」と憤るのですが……。

「アンタが『返す』っつーから、社長はアンタらに融資したんだ。
商売やってりゃあ色々あるだろう。金がないのはしょうがねぇ。
だが、支払日になっても顔も見せねぇってのは不義理じゃねぇか。
どういうつもりだ?」
「それは……」

「ま、今日は挨拶に来ただけだ。この次はしっかりお願いしますよ」
「わかりました。では……」

「オイ、お前ら。こちらの奥さんがお相手してくださるそうだ」
「そ、そんな事、どうして……!」

「当たり前だ。タダで帰れると思ったのか?」
「う……だけど、そんな……」


途中まではこんな感じで進んでいきますが、最後は
「来ちゃった(はぁと)」
「こ、ここには来るなと言ってあるだろう!」
みたいなオチになります。
こんなに軽いノリではないですが。

リンクをクリックして1ページずつ読み進めていきます。
画像のサイズは縦長の600x800ピクセル。
12枚のCG(エッチなのは10枚くらい)に差分を含めまして、全70ページ少々の
オリジナルファンタジーCG集です。

別フォルダに、一回り大きめのサイズ(960x1280ピクセル)も同梱してあります。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ125439
ファイル名/ファイル容量
RJ125439.zip / 56.44MB (59183611Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「真夜中すぎのひと」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

むっちりな奥さん

2017年03月28日  

このレビューは参考になった×0人

むっちりとした肢体のおくさんがごろつきにいいようにされる作品。奥さんがすこしづつ本性が現れていき、淫乱になっていく様がよかった。ラストはちょっと驚きましたけど。全体を通して絵が非常にきれいなのでサンプルみて気に入ったらぜひ

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!おすすめ!!

2014年07月27日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

この作家様の画力の高さは今更語る必要もなく。
今回は局部アップを多く取り入れているように見受けられます。
陰毛の手触りや肉の弾力が伝わってきそうなほどの繊細な局部描写には、視線を奪われてしまいます。
この作家様恒例の背中描写も抜かりなく。
背中好きに優しいサークルですね。
ヒロインの人妻はパッと見キツい印象がありますが、ストーリー的には貞淑系。
ほぼ合意のエッチなので、寝取りものや浮気ものが苦手な人でも楽しめるかと。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]