同人 > SNB Factory > 変態穴生物・ナメクジ夫人 > 変態穴生物・ナメクジ夫人 強制女体化の罠

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

1920×1280、フルカラーコミック43ページです。

抜粋1)
地方の寂れた町の商店街の日常・・・
それは平穏とは決して言えない非日常的な風景であった。
今日も来た・・・あの女が・・・ムチムチ夫人・・・俺はそう呼んでいる。
ムチムチで卑猥な極上ボディに、ピチピチのボディコンワンピースを張り付かせ・・・
スケベ丸出しのフェロモンをプンプン発散させながら、こんな片田舎の寂れた商店街に毎日買い物に来ている。

抜粋2)
物凄いメスの臭い・・・俺の嗅覚は完全に麻痺している。
完全に正気を失っている俺の目に、まるで唇をすぼめ尖らしているかのような子宮が・・・
それは、なんとも愛らしく美しく、色っぽく・・・気が付けば俺はその口に吸い付いていた。
自分の意思に反し、その子宮から突き出した口を目一杯に頬張り、力いっぱい吸い付いた。
口の中に広がるドロッとした液体・・・と、同時にチュル~ンと、柔らかく弾力のある固形物が喉を通っていった。
”ゴクゴクゴク・・・・・”
「入ったようね・・・今、あなたの体にナノマシンが無数に寄生する軟体生物と細胞活性化物質を大量に送り込みました。
私がプログラムしたナノマシンは軟体生物をホストとして無限に繁殖し、それはあっという間にあなたの体隅々まで侵蝕していきます。
さあ、どうなるかしら・・・今回は私の計算通りになってくれるかしら・・・」

登場人物)
ムチムチ夫人:(女)32歳
俺:(男)学生アルバイト 22歳
八百屋のおやじ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ125358
ファイル名/ファイル容量
RJ125358.zip / 30.89MB (32394639Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「変態穴生物・ナメクジ夫人 強制女体化の罠」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!変態する

2013年12月09日  

このレビューは参考になった×1人

肉便器製作所さん作品は大好きで毎回購入しています、
今回もド変態・エログロ・アブノーマルと
てんこ盛りで自分の性欲と股間を満たされる
作品でまりました!

ナメクジ夫人がいつもの作風より可愛い目に
描かれて様な気がしました。

その可愛い顔に不釣り合いな程のスーツの上からでも分かる卑猥で超豊満で淫乱なボディスタイルと人目もはばからず婦人は淫行行います、たまらんですね!

魅了されない男はいない、まるで蜘蛛の巣にかかるように男は夫人に惹かれます。

スーツを脱ぐとさらに驚かされます、
想像を超えた婦人の肉体。

エロかグロか見る人の感性によりますでしょうが、
自分は心も股間も熱くたぎりました!!

それから行われるアブノーマルの世界は
このサークルさんの十八番!

そして夫人に魅了された商店街の男の末路は・・・、
題名に書いた通りです。

出来るならば続きが見たい作品です!

DNA操作とかこのサークルさんの他の
作品とも世界観が繋がってるのかな~と
思いました。

アブノーマルな世界の扉は気づかないだけで
本当はすぐ側にある。

そんな事を想像し誰にでも本来ある心の奥底の
アブノーマルをくすぐられる作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]