同人 > Erotic Fantasy ラーバタス > 王乳マドハンド

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

* 小説作品です。挿絵は多目に配置しています。

■ 本作品のみどころ
国民からも絶大な支持を得る王妃が、国と城を守るために、自分のカラダを代償にします。
壁や床から生える正体不明の、無数の「手」に、カラダを、とりわけ徹底的に胸を犯され、
次第に快楽に負けていく王妃の姿が見所です。

■ あらすじ
城が、「呪われた」。原因不明の熱病に対応すべく、あらゆる手をつくる王妃だが、まったく改善されない。
そんな中、王妃はある囁きに導かれ、地下牢におりていき、そこでひとつの契約を結ぶことになる。
王妃は、最初こそ契約をした為に従うのだが、次第に快楽におぼれていく。
日に日に衰弱する王妃を、若い女騎士は心配し、何か助けられることはないかと思案する。
憧れの、大好きな人を助けたいと。

■ Hシーンについて
(1) 作品テーマ 
とにかくどこからでも手が出てきて、王妃を犯します。バストをしつこく攻めてます。
指が乳頭に入る描写も多いです。大好きだから。

(2) 描画について
挿絵はありますが、カラーではありません。また、挿絵はあくまで、補助的なものです。
主役は6:4で文字です。

■ スタイル
横書きの本を見開きで見ている状態になっています。
本にすると124ページですが、見開き状態なのでその半分です。PDF版の背景は白です。
体験版をごらん頂き、読めるかどうかご確認ください。

画像版はサイズは大小二種類ご用意しました。
「960/673」pxのPNGと、「3638/2522」pxのJPEGです。

*この作品は、製本版がC85で頒布される予定です。

-------------------------------

2013/11/28:誤字を修正しました。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ125285
ファイル名/ファイル容量
RJ125285.zip / 165.96MB (174017148Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「王乳マドハンド」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件