同人 > ajaib suara > ちょっとおばかでえっちな幼馴染 > ちょっとおばかでえっちな幼馴染がお泊まり

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■概要
ちょっとえっちでおばかな幼馴染。そんな幼馴染は『あなた』の恋人です。
彼女は歯に衣着せたり、雰囲気作りと言った物は全く出来ません。
それだけにストレート、ど直球に『あなた』を求めてきます。

そんな彼女がお泊まりに来た! もちろん、2人きり!
素直に求めてくる彼女との甘い一晩をお楽しみ下さい。


■幼馴染(cv ひむろゆり)
『あなた』の彼女で幼馴染の女の子。
えっちな事が好きで、ちょっとおばかなところがある。
ただ、時に物事を曲解せずに表現したり、行為を素直に表してくれる女の子。


■内容物についてのご説明

0・諸注意(01分)
1・キスと太もも(17分)
2・お風呂でキレイキレイ(16分)
3・一晩中、ちゅっちゅっしよ?(21分)
4・エピローグ(02分)
5・おまけボイス(10分)

再生時間・約69分
ファイル形式・mp3
添付(おまけ)・キャラクター画像(PNG、JPEG 800x600)
        テキストデータ(前作『ちょっとおばかでえっちな幼馴染』の台本データ)

CG・うみの
声優・ひむろゆり
シナリオ・陽光
演出・"astu"
制作・ajaib suara(アジャイブ スアラ)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ124528
ファイル名/ファイル容量
RJ124528.zip / 63.87MB (66975650Byte)
その他
mp3が再生できる環境

ちょっとおばかでえっちな幼馴染がお泊まりの同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「ちょっとおばかでえっちな幼馴染がお泊まり」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

幼なじみ(3) ラブラブ/あまあま(2)

おばかなところが

2014年07月24日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

おばかな幼馴染の第二弾です。
やっぱいい意味でおばかです。しかも欲望に素直なところがかわいくてエッチなところもとてもぐっとです。
お泊りにくるという流れから色々なことしちゃいます。ちょっとおばかな子が好きだなあという人にはお勧めです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

弩級の甘さ!

2014年01月13日  

このレビューは参考になった×0人

いやー、弩級の甘さのお話です。
「おばか」というタイトルですが、素直・純粋さ100%の、元気な子ですよお兄さん。
そんな純粋な幼馴染と、いちゃらぶの一晩。いやー、癒されますねー♪
エロスより、いちゃラブ幸せ気分を味わいたい方には、お勧めですよ?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!幸せすぎる日常

2013年11月11日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

恋人状態の幼馴染がお泊りに来てイチャラブしちゃう作品です。
シリーズ第2作ですが前作を知らないと意味がわからないような場面はほぼありません。どちらから買ってもいいと思います。

彼女は主人公のことが好きで好きでしょうがないのですが、デレデレといった感じではありません。「主人公のことが好きなのは当たり前」といったような自然な愛情を感じます。
雰囲気が心地よく、いつまでも聞いていたくなるような素敵な作品です!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]