同人 > chivalry > 空蝉

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

幼い頃の、かすかな記憶がのこる蓮見村。

あるのは山と海だけで、小さな商店さえ数えるほどもない。
村のいたるところでは、名前を誇るかのように、蓮の花が咲いていた。

あの村に行った理由を、今はもう覚えてはいない。
たぶん避暑のために行ったくらいの気楽さだったのだろう。

あの年、あの一ヶ月間。
暑い日差しと、鳴き止まない蝉の声。
夜は遠くに潮騒がきこえていた。

過ごした日々を、運命なんて安っぽい言葉で説明する気はない。
なにかの歯車が上手くかみあっただけなのかもしれない。

記憶の中、青空を背におどる白いワンピース。
くるくると変わるあかるい表情と、さわやかな笑顔。

海を背に、こちらに伸ばされる手と、不機嫌そうな横顔。

花咲くようで、すべてを受け止めるような穏やかな微笑。

思い出せば、今も鮮やかに再生される三人の記憶。
穏やかで優しい一ヶ月間の記憶は、いまも胸に切なく優しい。

――1990年夏、俺は忘れられない恋をした。


--------------------------------------------------
この作品はエロエロではなく手を繋ぐ→恋愛→セックスと緩やかに進行していくお話です。

中身はこんな感じ!

空蝉 [chivalry]

立ち絵はこんな感じ

空蝉 [chivalry]

ゲーム画面です

 

 

作品情報/動作環境

作品番号
RJ124361
ファイル名/ファイル容量
RJ124361.zip / 466.19MB (488835770Byte)
CPU
Pentium以降
メモリ
512MB以上(Windows Vistaの場合 1GB以上
VIDEO
65536色(TrueColor 16bit)以上
DirectX
9以降

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「空蝉」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件