同人 > CaCao-90% > カップ麺少女

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

生まれたばかりの純真なカップ麺少女は、
アナタに買われて戸惑い気味。

蓋をはがされて思わず悲鳴をあげ、
中身を見られて羞恥に震えてしまいます。

注がれる大量の熱湯にアンアン悶え、
続く3分間の放置プレイで徐々に体(麺)が疼きはじめて……。

耐え切れなくなった少女はついに自ら懇願しちゃいます。

「お願い、早く食べてっ!」


― ― ―

CAST ・・・ 七凪るとろ
イラスト・・・毒でんぱ


1、蓋をはがします
2、粉末スープをかけます
3、熱湯を注ぎます
4、3分間待ちます
5、液体スープを加えます
6、お召し上がりください
7、最後まで残さず食べましょう
(約20分35秒)

効果音なしバージョンも収録

イラストレーター「毒でんぱ」による
紹介イラストの未編集版を特別収録

台本つき

シナリオ
効果音 ・・・砂糖水

作品情報/動作環境

作品番号
RJ124239
ファイル名/ファイル容量
RJ124239.zip / 252.82MB (265097744Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「カップ麺少女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

ピックアップ

おすすめ!カップ麺の擬人化

2013年10月28日  

このレビューは参考になった×5人

レビュアーが選んだジャンル :

カップ麺の擬人化ものです。
蓋を開けられ、お湯をかけられ、3分放置され、食べられる様を
カップ麺少女がいちいち可愛く悶えてくれますw
かなり斬新な作品なので、実用性よりも笑える作品なってますが
七凪るとろさん演じるカップ麺はとっても可愛く、かつエッチに喘ぐのでwエロ方面でも期待はできます。
バカらしいけど楽しい、そしてどこか可愛いカップ麺に触れてみたい方は是非。
ハマってしまうと、もうまともにカップ麺を食べられないかもしれませんw

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ギャグ作品かと思いきや、意外にエロも擬人化ギャグも手堅い逸品

2013年10月28日  

このレビューは参考になった×4人

たまには勢いでこういう変な作品を買うのもいいだろう……と思って手を出した作品でしたが、予想外に面白くエロイ作品でした。

内容は説明のとおり7つのチャプターに別れており、同主人公の同ヒロインの連続する物語ですね。合計収録時間は20分とやや短めですが、カップ麺少女との一夜限りの陵辱プレイですので、物足りなさを感じることはありませんでした。20分というのも、カップラーメンを作って食べるまでの時間と妙に一致しておりますし。



さて、エロ内容ですが、ザックリと言ってしまえば、異世界ファンタジー陵辱モノの陵辱展開を踏まえつつ、最後にはカップ麺少女(薄幸なムラ娘)が堕ちて主人公(=魔物)に犯されながら感じちゃうう♪といったような感じですかね。この場合、主人公を触手野郎と考えると分かりやすいのですが、ただリアルで考えた場合「カップ麺」自体が触手だと思えてしまうところが複雑ですが(苦笑)。

まぁそこはわりとライクな擬人化モノでところどころ「や、やだ、体にいいものしか使ってないのバレちゃう」だの「や、違うんです、これはっ…いくらシコシコとか縮れとか言っても…こんな麺してるけど、私は淫乱なんかじゃ…!」といったギャグでクスリとした笑いを取りながらも、基本的には「清楚ぶっているようにみえながら、実は誘い受けしているかのようなキャラ」といった前述の陵辱モノテンプレを裏切らず話とエロはテンポ良く進んでいきます。私は「捕食モノ」には不案内なのでよくわかりませんが、カップ麺少女が完食されたあとも普通に喋っておりますし、捕食のグロテスクさを強調した描写はなく、最後にはヌル陵辱和姦になりますので「擬人化キャラとのちょい変わったセックス風エチ」と捉えるべきでしょう。

「カップ麺少女の絵とボイスが気に入ったら普通にエロもギャグも楽しめる」という、まさにカップラーメンに相応しい堅実な作品でありましたとさ。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]