同人 > ヴィンセント > 百合町の処女

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

古代文明人が築いた回廊都市『リリータウン』。

そこは長きに渡り、ダドゥルと呼ばれる蛮族が支配していた。
ダドゥルは強欲で卑しく、リルムと呼ばれる女人族を慰みと食用にした。
リルムは慰留区へと追いやられ、さらに成育したリルムは自らその身を捧げるよう、忌まわしき掟までが課せられた。
火の年、12人が剣を取った。水の年は23人、風の年は4人であった。
いずれも呪われた宿命に抗い、回廊の外界を目指したが、それはかなわなかった。
そして混沌なるその年、8人のリルムが剣を取った…。

魅惑の腰つきで敵を粉砕!
エッチアニメーションバトルで紡ぐ性技と魔法のダークファンタジーダンジョンRPG☆


☆☆☆☆『百合町の処女』《ゆりちょうのおとめ》ゲーム仕様☆☆☆☆

○ダンジョンRPG for WINDOWS XP/vista/7/8☆
○フルカラー・フルスクリーン《画面解像度1280x720(ウィンドウ表示可)》
○全編キーボード操作・全30番街の迷宮をテンキーで探索。
○最大4人のパーティー構成☆個性豊かな8人からお好みでアレンジ☆
○エッチバトルシーンは全編フルボイス・フルアニメーション☆武具によりアニメーションが変化することも♪
設定で演出のスキップも可能☆
○敵は全40種以上☆武具は全100種以上☆離れ業は攻撃系・回復系・補助系の全30種☆
○搾乳システム搭載、戦わずしてお金を稼ぐことも可能☆
○体験版は3番街・キャラクターレベル3までご試用可能☆ご購入の前に必ず動作をご確認ください。

☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆☆


悠久の霧が一層深い夜、スラムで成育を迎えたアニーのもとを、近衛の騎士ヴィクトリアが訪れた。
名の知れた豪腕に共闘を乞うためであった。放蕩貴族のオルガは、親友のヴィクトリアを慕いその後を追う。
塚守りのガブリエラは、砂の民の長フーリ、超法を継ぐメイファンのもとを尋ね、逆賊の団結を促した。
そして、噂を聞いた異端のヤヨイと旧区のルルが、最後にスラムへと到着する。
夜明けを待たず、8人は外界を目指す。行く手に、愚挙をあざけ笑うダドゥルの声がこだました…。

☆性技と魔法のダークファンタジー☆
それでは、ダンジョンRPG『百合町の処女』をお楽しみください♪

--Vincent Version1.0--

作品情報/動作環境

作品番号
RJ123714
ファイル名/ファイル容量
RJ123714.zip / 349.19MB (366152118Byte)
CPU
Pentium(R)4 3.00GHz
メモリ
1GB

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「百合町の処女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

ピックアップ

全体的に白いけど、世界観はブラック。ブラックでいいのか?

2013年10月27日  

このレビューは参考になった×7人

レビュアーが選んだジャンル :

前衛2人後衛2人の計4人パーティを組んでひたすら迷宮に潜るタイプのRPGです。
 特色としてはステータスがかなり単純化されており、若干階層が変わった時のバランスがおおざっぱです。後半はものすごいインフレを起こしますがそれはそれで面白い。
 あと、いつか変更されるかもしれませんが途中からレベルは一泊ごとに1レベルしか上がらなくなりますので、連続で宿で休まないと経験値にふさわしいレベルになりません。


 やったことのある人向けに言うと前々々々作、「レディーダンジョン2」と同じシステムの作品です。
 目に付いた変更点は以下の3つでしょうか。

1、「レディーダンジョン2」ではキャラクターを作る必要がありましたが、今作は既に用意されています。好みは分かれると思いますが、「自分で作るとかめんどう」と言う人には楽です。あと、装備による立ち絵の変更はないです。
2、全体的な色遣いが今回は白よりです。前回は黒ですたね。ただ、内容はよりニッチでもありますので「くすんだ白の方が真っ黒より気持ち悪い」感じです。狙っての事だと思うので、この「気持ち悪い」はほめ言葉ですよ。
3、バトル時のアニメーションが増えております。個人的には増えたアニメーションの中に気に入る動きがあったので嬉しかったです。あと「レディーダンジョン2」では地味にアニメーションと文字の表示が被っていて見づらかったのが改善されていてありがたいです。


 数値的なプレイ感覚は恐らく同じだと思うので、「レディーダンジョン2」と世界観や趣向、キャラクターを自分で作るかどうかなど、まずはお好みの方をプレイしてみればよいと思いますよ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]