同人 > 昇華堂 > 魔法少女レイナ > 魔法少女レイナ3~玲奈無残~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

■物語
 「倉沢さんを預かっています」
 南雲からのメールを受け、現場の廃工場に駆けつけた玲奈。
 淫獣の気配を察知し、単独ながら魔法少女に変身した。
 現れた南雲は淫獣スリアに憑依され、淫獣そのものと化しつつある。
 夏生の命を助けることを条件に、玲奈は異界へ連れ去られてしまう。
 待ち構えていたのは夥しい数の淫獣と、
 身長10m、3つの頭と3対の腕を持つ淫獣大王クルア。
 魔法少女として淫獣を処理した“罪”を裁かれる玲奈。
 さらに淫獣センサーの在処を問われ、過酷な性拷問にかけられる。
 命の灯が尽きようとするころ、思いがけず明らかにされたのは、
 魔法少女たちの哀しい出自と運命の物語であった--

■登場人物
○安部玲奈(あべ・れいな)
 この物語のヒロイン。L市にある私立慈愛高校の3年生。
 18歳、158cm、41kg、78(A)-55-80。成績優秀で秋まで生徒会長を務めた。
 異界から来た魔法少女エレナと合体してL市に出没する淫獣を“処理”している。
 受験勉強の追い込みと魔法少女の仕事で現在オーバーワーク気味。
○倉沢夏生(くらさわ・なつき)
 玲奈の親友でクラスも部活(体操部)も同じ。
 18歳、156cm、42kg、83(B)-56-84。ミス慈愛高の誉れ高い美少女。
 南雲/スリアに拉致され、淫獣たちの生贄となった。
○南雲慎二郎(なぐも・しんじろう)
 慈愛高校○年で生徒会執行部のメンバー。1○歳、174cm。
 玲奈に恋しつつ、1○歳にしては煮詰まった劣情も抱く。
 淫獣スリアに見込まれ、合体して夏生を拉致し、玲奈を誘き出す。

■テキスト約50000字+イラスト12枚。
 テキストは針生ひかる(昇華堂)が担当。
 イラストはHA様↓にお願いしました。
 http://www.pixiv.net/member.php?id=380947

■テキストのサンプルはこちらに↓
 昇華堂HP http://shokado.h.fc2.com/index.html

作品情報/動作環境

作品番号
RJ122940
ファイル名/ファイル容量
RJ122940.zip / 8.6MB (9022124Byte)

魔法少女レイナ3~玲奈無残~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女レイナ3~玲奈無残~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!全編に被虐感が流れる完結編

2013年10月03日  

このレビューは参考になった×1人

シリーズが待望の完結です。
一人称で書かれているため、主人公の被虐感がこのうえなく強調されます。
陵辱は行くところまで行ってしまいますが、その後さらなる展開も。
前編の「魔法少女レイナ2」を読んだうえで本編を読むことをおすすめします。導入部にあたる前編でシチュエーションへの思い入れを高め本編に入っていけば、興奮度はいっそう増すことでしょう。
イラストは鮮明なフルカラーです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]