同人 > 鮎川かほる > 奴隷母 肛虐の生贄

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年09月27日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数126ページ
ジャンル

作品内容

三宅綾子には暗い秘密があった。息子に家庭内レイプされたのだ。誰もが認めるその美しさに、息子は惹かれ、みなぎる若者の情欲の生贄にした。そればかりか、被虐の疼きを体に刻むべく、マゾ教育を美母に施したのだ。綾子は、禁断の肉交を重ねるうちに、マゾ的な高ぶりに身を熱くしていく。
 浣腸されたまま、スパンキングされ、綾子の丸く張った双丘が赤く色づいていく。
「感じるだろ?」
「・・・ええ・・・いいわ・・・すてきよ・・・君は、ママのお尻を叩くのが上手だから、感じちゃう・・・正直に言うわ・・・ママ、あなたにお尻を叩かれるだけでいっちゃいそうになる・・・お尻が熱くて・・・気持ちいいの・・・もっと叩いてくださいってお願いするママは惨めな奴隷・・・ママはあなたのお尻奴隷よ・・・おなかは痛くて苦しいけど、お尻奴隷はあなたに尽くします。さっきまで疲れていたのに・・・疲れは吹き飛んだわ・・・ママ、張り切ってあなたにご奉仕するわ。いえ、ご奉仕させてください」
「こうしてやるよ」
智弘の指が美しい母親のアヌスを縫った。指は二本であり、浣腸液を飲まされたアヌスに根元まで挿入された。柔らかなアヌスだ。浣腸液で濡れそぼったアヌスは、指をきゅっと締め付けている。
「おおうっ・・・すごい・・・お尻・・・熱くたぎっている・・・ううっ・・・智君の指をお尻の奥で感じるわ・・・」

目次
1  美母は息子の肉玩具
2  あなるママ
3  母調教パーティ
4  ママたちの珍芸
5  極小水着で露出調教
6  黒革拘束具のお買い物
7  マゾ奴隷としての肉体改造
8  被虐愛

作品情報/動作環境

作品番号
RJ122851
ファイル名/ファイル容量
RJ122851.zip / 672.49KB (688634Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「奴隷母 肛虐の生贄」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件