同人 > 無題ドキュメント(仮 > Agent Alone ~孤独なエージェント~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

[ストーリー]
クライアントの依頼を受けて、デ○モ基地に乗り込む特AサルベイジャーAI○aこと皇○華。
いつものように苦もなく依頼を果たすはずの○華であったが・・・・

普段は一撃で倒している黒デ○モたちに、思いもかけず苦戦を強いられる○華。

特Aサルベイジャーの名にかけて、受けた依頼は何としても果たさなくてはならない。
格下の黒デ○モたちに後れを取るようなことは、絶対にあってはならない。
自分を姉のように慕い、自分の帰りを待っているり○んの期待を裏切ることはできない。

それなのに、自分は・・・・・
進退窮まり心身ともに疲労していく○華・・・・・
そんな彼女を待つ残酷な結末とは・・・


[内容]
AI○aこと皇○華が、黒デ○モたちから代わる代わる腹を殴られてピンチになる、腹責めに特化した内容です。

全フルカラー35ページのコミック形式の作品で、
差分として、吐血表現有り・セリフのみ無し・セリフ・効果音無しの3パターンを用意しております。


[ご注意]
本作品には、性交等の性的描写はまったくありません。

女性キャラ同士が腹へパンチをしたりされたりするシチュエーションや、
そのような描写に性的な見方のできる方にお勧めする作品です。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ121912
ファイル名/ファイル容量
RJ121912.zip / 104.63MB (109711865Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「Agent Alone ~孤独なエージェント~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!敗北と痛苦の向こう側

2013年09月09日  

このレビューは参考になった×1人

この作品はAI○aファンは勿論、腹パンチやリョナのフェチの方々だけでなく
ピロピン好きの全ての人に見て頂きたい大傑作です。

商品の説明にもありますが、性交等の性的描写はないです。
もっとはっきり書くとパンツも脱がされません。
でも、直接的な描写に負けない、そして、直接的な描写では出せないエロさがあります。

鍛錬と実戦によって研ぎ澄まされた力という武装も
確かな実績に裏付けされた自信という服も全て剥され
僅かに残った自尊心を守るために○華が取った行動は
それは弱い自分を認めないことだった。
元来の○華は強く類稀な美しさを持っているからこそ
この行為がすごく哀れに映り、
嗜虐心をこれ以上ないほど燃え上がらせます。

また限界を超えた痛みによって肉体と精神が壊されることを避けるためか
苦悶に歪んでいた○華の顔に途中から恍惚が見え始めて
ついには明らかに性的興奮を覚えるようになるまでの過程が濃密に描かれており
まさに圧巻の一言でした。

ネタバレになるので具体的には書けませんが
結末までの流れが予想の遙かナナメ上をいっており、
また違った惨めな姿を晒す○華が情けなさ過ぎて劣情を駆り立てます。

ここまで見っとも無い敗北姿を見せるヒロインがかつていただろうかと天に問いたい程の
その手のものに僅かでも興味のある方には珠玉の逸品であるかと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]