({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2013年09月01日
年齢指定
全年齢
作品形式
同人ゲームアドベンチャー / ミステリージュブナイルアドベンチャー
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット84
ジャンル
ファイル容量
685.87MB
動作環境
Windows Media Player 6.4 以上

作品内容

何故・・・
自分はこんな能力を
身につけてしまったのか・・・

夏休みを目前に控えた7月19日。
蜂須賀大地は帰宅途中でトラック事故に巻き込まれ、気を失ってしまう。
悲鳴と共に目覚めた先は7月21日の朝―自宅のベッドの上だった。

混乱する大地に追い打ちをかける数々の謎。
幼馴染の訃報と知らない過去の自分からのメッセージ―。
見知らぬ少女からの「会いたい」という手紙―。
そして自分を探しているという謎の組織の存在―。

一体に自分の身に何が起こってしまったのか?

その日を境にランダムに時空を移動してしまうようになった大地は、
その先々で謎を解明するための欠片を拾い集めることになる。

―不可思議な謎を秘めた時空の扉が今ゆっくりと開きだした―

「なつとび」関連サイト案内

「なつとび」に関連するサイトのご案内です。

■「なつとび」作品サイト
http://natsu-tobi.silica-project.jp/

■「なつとび」Twitter
@natsutobi_hp

■「なつとび」告知ムービー
You Tube
http://www.youtube.com/watch?v=6WKqxRnSApM
ニコニコ動画
http://www.nicovideo.jp/watch/sm21675693

作品情報/動作環境

CPU
Pentium® 800Mhz以上
メモリ
512MB
HDD
5GB以上
VIDEO
800×600、ハイカラー(6万色)以上
DirectX
DirectX 7以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「なつとび」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

頭だけでは整理がつかないほど重厚なシナリオ

2015年05月20日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

100%クリアさせていただきました。



某蝶効果の映画を彷彿とさせられましたが、全く省略されていないのでこちらの方が複雑だった気がします。

イメージとしては選択分岐によって主人公が分裂し、それぞれがタイムリープしながら十日ばかりの時間帯(朝、昼、夕方、夜)をパズルのようにはめ込んでいく感じです。

さらにそれぞれ分裂した主人公全員が同じ体験をしている訳ではないので、キャラクターが主人公から説明されていることを別の主人公が知らないので説明し返したり、その逆(主人公が説明したのに別のキャラが知らない)の展開が繰り返されます。

タイトルの通り頭だけでは難しいのでメモを3つ用意してプレイしました(笑)
(各ルートで埋まる時間帯、日ごとの起こった出来事、主人公が今持っている記憶)

しかし、別ルートに入った時の「ここに来るのか!」というパズルのピースが埋まっていくような快感があります。

この類の話で一番重要なのは主人公のリアクション(どのくらい動揺しているか、その場でどんな対処をしているか)に共感できるかだと思うのですが、その点も良く出来ていました。

ギャグも満載ですし、立ち絵、イベント絵も高クオリティなので飽きずに一気にプレイできました。
画面デザインも日付を常に出すことや、携帯で確認することなどが効果的になっていると思います。


学園ジュブナイル好きな人にぜひおすすめしたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]