同人 > 鮎川かほる > 哀菊夫人 下

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年08月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ページ数86ページ
ジャンル

作品内容

哀菊夫人 下
美しき夕子夫人と令嬢の詩織は、連日の奴隷調教に泣いた。しかし強要される恥辱の行為に涙しながら、被虐の炎で炙られ熱い疼きをおぼえるようになっていた。哀しく辛いのに、母と娘は花芯を濡らしてしまうのだ。どこまでも堕ちてしまいたいという自暴自棄な気持ちに混じり、胸の内を焦がすマゾ的な感覚に戸惑いながらも受け入れざるをえないところまで追い込まれる夕子夫人と詩織。母娘は、とうとう禁断のレズ行為を強要され、やがてその淫靡で妖しいレズの関係に溺れることで心の安らぎを得るのだった。

目次
1 母と娘のレズレッスン
2 夫人の巧みな口技
3 亜奈瑠館の尻娼婦
4 夫人の甘美な肢体
5 母娘同時浣腸
6 母娘奴隷の披露
7 牝奴隷の旅立ち

ページ数 86ページ
文字数  約8万字

作品情報/動作環境

作品番号
RJ121009
ファイル名/ファイル容量
RJ121009.zip / 701.8KB (718644Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「哀菊夫人 下」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件