同人 > ゆにっとちーず > パコられ

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

★ストーリー
初恋の人…紗倉さんから、手紙が届いた。
学生時代に対人関係で上手くいかなかった主人公を励まし、世界に光を与えてくれた女性から。
喜んで彼女との待ち合わせ場所に向かうと、そこにいたのは…何もかもが変わり果て、惨めな姿を晒す紗倉さんだった。
導かれるままに廃屋の喫茶店にたどり着き、全裸になった彼女の全身の傷痕と打たれたピアスを見て、
一体何が起きたのかと混乱する主人公。

「……私を、助けてくれる?」

その問いにうなずくと、記憶の濁流が主人公を飲み込んでいく。
大切な初恋の子が、貫かれ、辱められ、汚され、ボロボロにすり切れていくのを、何度も何度も…見つめることになった主人公のたどり着く先は――。

思い出凌辱ADV。
かつてない虚無感と絶望を、あなたに。

★コンセプト
精神を壊し尽くす、惨たらしい凌辱劇。
少女から大人になるまで、ひたすら足蹴にされながらも必死に生きようとする女性を嘲笑う世界。
主人公は彼女の過去を傍観するしかできない状況で、いったい何を思うのか。

★プロ声優さんによる熱演!
声優さんは「桃也みなみ」さん。
苦痛の呻き、惨劇の悲鳴、悔恨の涙……すべて見事に演じてくださっています!

作品情報/動作環境

作品番号
RJ120817
ファイル名/ファイル容量
RJ120817.zip / 72.09MB (75590600Byte)
CPU
1GHz以上
メモリ
1GB以上 VRAM128MB以上
HDD
16GB以上
DirectX
DirectX9 以降

バージョンアップ情報

  • 2015年12月30日
    不具合修正
    動作の安定のためバージョンアップを行いました

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「パコられ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

鬱(3) ピアス/装飾品(3) レイプ(2) 強制/無理矢理(2)

レイプが暴力と再認識させた作品

2014年12月27日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

容赦ない暴力を振るわれ、どんどん歪んでいくヒロインの様子が痛ましいです。
文章がいい感じに心を抉って、声優さんの熱演が悲惨さを際立たせていました。
また歪み切って諦めてしまったヒロインが妙に魅力的に感じて、彼女の内面をもっと読みたいと感じせてくれました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

……

2014年07月23日  

このレビューは参考になった×1人

欝で胸糞注意だとわかっていて買った自分が嫌になります。
悲劇を書くために用意された舞台というか、ある意味ご都合主義な悲劇ですが、声優さんの演技が圧巻で、ひきこまれます。数日は嫌な気分になりますので、購入前注意。冒頭はグミチョコ?

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ヒロインの境遇に胸が詰まる

2013年08月29日  

このレビューは参考になった×2人

レビュアーが選んだジャンル :

かなり鬱要素の強い作品です。エロシーンはすべてヒロインの過去の経験を覗き見る形ですがこれがキツイ。
幼少時代からいじめられていたヒロインが成長するにしたがって性的暴行を受けるようになり、居場所を失い追い詰められていく。テキストと声優さんの演技に心を削られました。

ラストでヒロインが救われたと感じられるか否かで作品への評価が分かれると思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]