同人 > ChapterX > バイオロイドール

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

20XX年。

バイオテクノロジーの集大成と言えるバイオロイドは、主に
福祉介護や危険作業の現場で欠かせない存在となっていた。
製造メーカー各社はさらなる付加価値を備えたバイオロイドの
開発を競い合うと共に、量産化を推進していた。

そんな中、新種のバイオロイドが誕生した。
従来の産業用のような超人的能力を一切省き、一般男性の
性的欲求に応えることだけに特化した設計となっており、製造
コストを半分以下に抑えることが出来た。

さらに特筆すべきは、それまで重要視されていなかった外観の
造形美である。
3Dプリンターによる、実在の人物と寸分変わらぬ外観はもとより、
コピー元の人物の皮膚細胞を培養させて医療用シリコンにコー
ティングする技術は、まるで皮膚呼吸しているかのようなリアルさ
を実現した。

このように従来のバイオロイドとは概念が全く異なり、能動的では
なく受動的であることから、この製品はこう名付けられた。

「バイオロイドール」。

そして大幅な改良を加えたバージョン3がリリースされた・・・。


■ フルスクリーン・スライドショー形式のデジタルコミックです。
■ 1920×1080の静止画約125枚で構成されています。
■ 動画、音声は含みません。
■ 一部断面描画あり。
■ 全てのPC環境での動作を保障するものではありません。
必ず体験版で動作確認の上、ご購入願います。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ120809
ファイル名/ファイル容量
RJ120809.zip / 56.38MB (59117957Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「バイオロイドール」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件