同人 > カンボタン > World of Fear~彼女たちの絶望~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年08月24日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

3人の少女たち、稲月小冬、氷見八重花、戸沢胡桃
彼女たちは高校の卒業旅行で、とあるペンションへ向かうことに。
他愛無いことを喋り、遊び、幸せの時を過ごす。
時間は深夜になり、3人は百物語をすることに。
部屋を暗くし、蝋燭を1本立て1つ話し終わるごとにロウソクを消し
隣の部屋に置いてある鏡を覗きに行く。
それを繰り返す。
99話目を話し終わった後1人消え、100話目を話した後また1人消えた。
そして残った最後の1人、稲月小冬が見たものは…

3人に身に次々襲いかかる怪奇と凌辱!
それぞれが話した怪談に取り込まれ
様々な形で彼女たちに襲いかかり、身も心も犯かしていく。
これは百物語を浅はかな考えで行ってしまった少女たちの末路の話である。

基本絵18枚
差分96枚
怖い話短編が10話含む
総枚数161枚(表紙等は含めておりません)
サイズは1280×960pixelです。
テキスト無しもございます。

3人の少女たちが恐怖と快楽に怯え、溺れる様をお楽しみください。
よろしくお願いします。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ120695
ファイル名/ファイル容量
RJ120695.zip / 328.77MB (344736085Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「World of Fear~彼女たちの絶望~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!Hな怪談話に取り込まれる少女たち

2014年08月21日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

三人の少女たちが遊びで百物語をしていたら、突然1人1人が怪談話の世界へと取り込まれてしまい、Hな目に遭ってしまうというCG集作品。

ホラーテイストな陵辱物となっており、怪談話の内容に沿う形で様々な陵辱を受ける事になってしまいますが、強烈なリョナやグロ要素は一切なく、あくまで「Hでちょっとホラーな怪談話」という形でシーンが構成されている感じですね。
その内容としては蜘蛛女に捉えられ卵を産み付けられて苗床にされてしまったり、捨てた人形に恨まれて逆に自分が性玩具として弄ばれたり、可愛らしい赤ちゃんが突然異形化してそのまま犯されたりと、ホラーでありながら割りとハードな陵辱・異種姦・輪姦といったシーンが主となりますね。

様々な怪談話の世界をたらい回しに飛ばれ続けるというストーリー構成なのでヒロインそれぞれに様々なシーンが用意されているのも面白く、この価格帯としてはかなりボリュームのある作品になっているのではないでしょうか。
傾向としても前述の通り対人・対異種のみならず、プレイ内容としても輪姦や首絞め、産卵、痴漢、精神動物化と本当に様々な要素があり、また怪談話によってヒロイン達の衣装もチェンジされるのでコスプレ的な楽しみもあるのがまたいい感じになっています。

怪談話の世界に閉じ込められ、いつ終わるとも知れぬ連続陵辱劇に囚われ続け、救いなく恐怖と快楽を叩きこまれ続ける、そんな展開がお好きな方は是非!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]