同人 > 昇華堂 > 魔法少女レイナ > 魔法少女レイナ2~夏生散る~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 昇華堂フォローする
販売日 2013年08月15日
シリーズ名魔法少女レイナ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

■2010年制作の「魔法少女レイナ」の続編。
 今回のヒロインは魔法少女ではなく生身の女子○生です。

■物語
 安部玲奈の初めての戦いから2か月--
 ○校3年生たちが受験を間近に控えた12月になっても、L市には淫獣が出没していた。
 玲奈は受験勉強の傍ら、魔法少女エレナと合体して淫獣退治に日々奮闘している。
 連戦連勝の魔法少女はいつしか異界での噂となっていたが、
 淫獣スリアがその姿を脳内に納めて異界へ戻ったため、
 玲奈は淫獣どもの欲望の対象となってしまった。
 「仲間を殺戮し続ける人間の娘に罪を償わせねば」と、
 エレナと引き離して淫獣の巣へ連れ込もうと企む淫獣たち。
 玲奈への劣情の虜になっている南雲慎二郎とスリアは結託し、
 玲奈の親友・倉沢夏生を人質として拉致する。
 南雲の目的が玲奈を集団で襲うことだと聞かされた夏生は、重大な決断をする--

■登場人物
○安部玲奈(あべ・れいな)
 この物語全体のヒロイン。L市にある私立慈愛○校の3年生。
 1○歳、158cm、41kg、78(A)-55-80。成績優秀で秋まで生徒会長を務めた。
 受験勉強の追い込みと魔法少女の仕事で現在オーバーワーク気味。
○倉沢夏生(くらさわ・なつき)
 今回のヒロイン。玲奈の親友でクラスも部活(体操部)も同じ。
 1○歳、156cm、42kg、83(B)-56-84。
 ミス慈愛校の誉れ高く、全生徒の人気を玲奈と二分するが、
 こと男子の人気という点では自分のほうが上だと思っている。
○南雲慎二郎(なぐも・しんじろう)
 慈愛○校2年で生徒会執行部のメンバー。1○歳、174cm。
 玲奈に恋しつつ、1○歳にしては煮詰まった劣情も抱く。
 玲奈の初陣では玲奈とエレナの合体に巻き込まれてしまい、
 敗北寸前の玲奈に己れの歪んだ妄想を浴びせて追い詰めた。
 絵が得意で、いまも玲奈をヒロインにした陵辱図絵を描くのに余念がない。
 淫獣スリアに見込まれ、合体して夏生を拉致する。

■テキスト約60000字+イラスト11枚。
 テキストは針生ひかる(昇華堂)が担当。
 イラストはHA様↓にお願いしました。
 http://www.pixiv.net/member.php?id=380947

作品情報/動作環境

作品番号
RJ120250
ファイル名/ファイル容量
RJ120250.zip / 7.67MB (8044152Byte)

魔法少女レイナ2~夏生散る~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法少女レイナ2~夏生散る~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!一気に読めました。続編が楽しみ

2013年09月20日  

このレビューは参考になった×2人

最終編につながる中間編としてあまり期待してなかったのですが予想の上を行っていました。テンポがよくて楽しめました。
全編に流れる「嗜虐」のキーワード。女の嫉妬心もかすかにちりばめられて、話に深みが出ているような気が。作家さんはかなりの手練れと見ました。
最終編につながる伏線が仕込まれていて今後の展開を期待させます。
作品に使用された専門の挿絵家さんによるイラスト以外に、作家さん自ら描かれたイラストが、作家さんのHPのpixivへのリンクから見られます。これがまたよい。ご参考までに。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]