同人 > 悶亭 > 悶亭エヴァ陵辱シリーズ > アスカ、媚薬悶絶

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

目隠しをされ全裸でベッドに縛り付けられていたアスカ。

無数の男達の手が、まだ誰にも触れさせた事のない無垢な肌に
媚薬のローションを塗りこんでいく…

悔しさ、怒り、そして不安…そして、それらの感情とは裏腹に、疼きだす「雌」の身体…
鏡貼りの天井に映し出されるいやらしい自分の姿に戸惑うアスカ。

そんな彼女の反応を楽しむかのように、男たちは彼女に覆いかぶさり
代わる代わる彼女の「処女膜」を楽しむ…。

破らないように、繊細に挿入を繰り返す男たち。
だが、全身に媚薬を塗りこまれたアスカにとって、その寸止めのような
浅い挿入を延々と繰り返される事は、拷問に等しかった。

男たちが一巡した後、体位を変えるために拘束を解かれたアスカ。
「今なら逃げられる!でも…」

「雌」の本能と、「自尊心」との戦い。
そして、彼女は…?


32Pの同人誌をデジタル化!
PDFと高解像度Jpegの2種を同梱しています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ116803
ファイル名/ファイル容量
RJ116803.zip / 33.71MB (35348685Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

アスカ、媚薬悶絶の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「アスカ、媚薬悶絶」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

監禁(2) 強制/無理矢理(2) 調教(2)

おすすめ!調教の始まり

2016年12月12日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

監禁調教シリーズ一作目。
生意気なヒロインを全身媚薬責めで開発していくお話。
ぬるぬるになった体を多数の男の手が嬲り、嫌がってもどんどん感度を高められ、快楽に抗えなくなっていく。執拗なまでの責めに悶えるヒロインの姿が非常に素晴らしかったです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!ねちっこい

2016年06月22日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

じらされ方がいいですね。
膜の使い方もこだわりがあって良かった。
じわじわ来ます。
しかしこんな大勢で処女をここまで快感に追い込むなんてすごい。
アスカの乱れた姿や表情が印象的な作品です。
シリーズが色々出ているのでまた購入するかもしれません。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

感じている描写がまた・・・

2013年09月10日  

このレビューは参考になった×0人

シリーズモノの最初の作品です。目隠ししたヒロインに媚薬をたっぷり摺り込んでからじっくり全身をまさぐって発情させていくのですが、その際、ヒロインが足の指をキュッっとまげて感じている描写がなんとも良いです。相変らずやわらかそうな肉体描写といいいろいろお勧めです。もちろん本番もありますが、最後に正気に返った際の泣き顔が・・・

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]