({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
お気に入り登録数 : {{ product.wishlist_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 絵援隊フォローする
販売日 2013年05月18日
シリーズ名マリオネットクイーン
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット83
ジャンル
ファイル容量
82.94MB

作品内容

エヴァ催眠陵辱シリーズの四作目です
催眠アプリの新たなる被害者は葛○ミサト!
ケンスケは催眠アプリを使って、複数の「限定的な常識の改竄」をミサトにしかける
「来客にはオッパイ丸出しで応接するのが常識」
「お茶=小便」
「下着を脱ぐ際は最寄りの男性に汚れをチェックしてもらうのが当たり前」
「女性があやまって男性を勃起させてしまった場合は、責任を持ってsexで性処理しなくてはならない」
等など…
ケンスケはたくみに言葉と立ち回りでミサトを翻弄し、
ミサトは無意識の内に「当たり前」として植え付けられた変態的な行為を繰り返し、
常識と感情とのせめぎあいに苦しみ、おいつめられていく
徐々に徐々に羞恥と屈辱で自尊心を汚されていくミサト
そしてついに最後の暗示が発動する
「中出しされた女性は、中出しをしてくれた男性と結婚しなくてはならない」

ついに葛○ミサトは全てを諦め、女の弱さを認め、「特務機関ネルフ作戦課長」という人生を捨て、「相○ケンスケの女」になる事を受け入れる…

「汚れたチ○ポを舐めて綺麗にしろよ、ミサト」
「…はい…ケンスケさん…」

読みやすいサイズに縮小したJPGファイルと原寸サイズのPDFとの同梱になります

マリオネットクイーン4.0.0の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「マリオネットクイーン4.0.0」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件