同人 > アクメナリ! > ふた魔女 > フタ魔女

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

フタナリしか居ない島でオナニーがやめられない謎の奇病にかかった少女。
そこに魔女、サビナが現れる。
エッチな謎の液とか、魔法とか、召喚獣とか、光るチ○ポ、様々道具や技を駆使して、
魔女のエッチな射精治療が始まった。

オールページふたなり!
フルカラー 16ページ

作品情報/動作環境

作品番号
RJ113185
ファイル名/ファイル容量
RJ113185.zip / 9.17MB (9619394Byte)

フタ魔女の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「フタ魔女」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

ファンタジー系ふたなり

2014年04月20日  

このレビューは参考になった×0人

ファンタジーな世界観を舞台にしたふたなりマンガ。
ふたなり娘を魔女がひたすら射精させまくるという内容。
魔法で射精を封じたり、淫獣を召喚したりと、ファンタジーらしい要素もしっかり用意されてます。
射精シーンがかなり濃厚に描かれているのが特徴的。
描き込みも丁寧であり、マンガとしての質は高め。
ふたなり作品が好きならチェックしてみる価値はあり。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!至高のふたなり魔女っ子モノ_1

2014年01月13日  

このレビューは参考になった×0人

『ふたなり魔女っ子のサビナちゃん(ヒロイン)が、ふたなり女性の悩み(主に性的な)を解決するために大活躍!!』
・・・と云った内容のフルカラーデジコミです。
2014/01の時点で三作品が発売されており、その第一弾です。
以下におすすめポイントを記載してゆきます。


『絶頂表現のこだわり』
他のレビュアー様も言及していらっしゃいますが、絶頂してから射精に至る過程がコミックならではの手法で濃厚に表現されており、非常に興奮を誘います。

『ツボを押さえたプレイ』
「薬攻め」「寸止め」「道具攻め(アレは道具か??)」「合体」
等のプレイがあるのですが、ふたなり好きの諸兄姉であれば好みのシチュエーションが一つはあるのではないでしょうか?

『裸ニーソ』
のシーンがあります。作中で特に言及されている訳ではないのですが、こだわりを感じます。


総評としては、「ふたなり」「魔女っ子モノ」「アヘ顔」好きの諸兄姉にであれば、間違いなくお勧めできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!射精前の期待感に興奮しました

2013年11月29日  

このレビューは参考になった×1人

『フタナリ魔女アルティメット』でこのシリーズを知り、大変気に入って全作購入しました。

男性器であるペニスが女性の一部となっているかのような濃厚な快楽表現、
絶頂に達して射精が始まってから、精液が噴き出るまでの溜めの描写が非常にエロいです。

コミックとしても、構図の描き方が非常に上手いと感じました。
フルカラーでここまで描きこまれていると、作成に気合いが入っているのが伝わってきます。

ふたなりもの作品として間違いなく上級品。文句なくおすすめできます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]