同人 > 戦火の生贄 > 牡牛の教団

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2013年03月25日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル

作品内容

略奪と凌辱がテーマの戦火CGノベル。


 滅ぼされた村のシャーマンが。
 未だあどけなさの残る少女剣士が。
 暴力に抗う術を持たぬ村娘達が。
 
 野獣の如き教団の男達に、力尽くに凌辱され、
 乱暴に未成熟な身体を果てるまで犯され続けます。
 
 
  牡牛の教団
 遥か古代に存在した武装教団
 信者は男性のみで構成されており
 彼等が信仰するのは、力の象徴である牡牛と剣
 また、剣は男性器にも例えられ
 彼らはそれを、聖なる剣と呼んだ
 時に荒々しいまでの手段で、男性器を鍛え上げ
 禍々しい刺青を施した性器を信徒の印とする
 そして、力を信仰する彼等の教義は蹂躙と略奪
 村や集落を襲っては略奪を繰り返し
 若い娘を捕らえては
 聖なる剣で陵辱して、牡牛の神への供物とした
 一時は猛威を振るった牡牛の教団であったが
 偉大な王の出現により、邪教として討伐され
 やがては、歴史の中に消えて行ったという

作品情報/動作環境

作品番号
RJ112912
ファイル名/ファイル容量
RJ112912.zip / 131.09MB (137461957Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「牡牛の教団」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件