>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

この作品は小説『十二階』の第一部、第二部として刊行した作品を、改稿し、改題したものです。ストーリーはほとんど旧作のままです。旧作をお読みの方はご注意ください。
 達也の妻として転居してきた千春。達也の調教を受けているところを、私は見てしまう。かつて女郎屋として変態客を扱っていた店の子であった私は、彼女の調教を引き受ける。露出、鞭、浣腸、輪姦とエキサイトする調教は、達也の願望によってマンション全体を巻き込む。さらに妹の夏美も登場し、姉を責めていく……。

小説「十二階」第一部と第二部を合体

 すでに第一部、第二部として刊行した作品を、改稿・改題して1つのファイルとしました。1046ページ。
 被虐願望の強い若妻・千春を、夫の達也は、同じマンションに住む老女・敏恵に調教を託すことにした。女郎屋で育った敏恵は千春の願望を管理しながら、あらゆる激しい調教を施し、欲望をとめどなく開発し尽くしていく。 千春は共用物として2時間ずつ住人に貸し出されることに。実の妹も登場。妹にまでも性具として責められる。

目次その1

千春という名のメス犬/調教契約/最初のレッスン/テスト/清掃奉仕/ペットルーム/夢に見る光景/アナルフィスト/汚れたジャージ/トレーニング/ゴルフボール/淫らな姿で/管理人の情報/童貞処理/苦痛の目覚め/鞭打ち/仕上げの蝋涙/安全ピン貫通/早朝の特訓/輪姦志願/小便器/隣人からの苦情/罵倒されながら/謝罪/ゴンの性処理/メス犬宣言/

目次その2

快楽への狂詩曲/終わりなき絶頂/暗黒の世界へ/限界まで/折檻の朝/ゴンとの再会/恥辱の挨拶/思い出のドレス/クラブA/管理組合の処分/状態の検査/因縁の魔力/お披露目/タッカー打ち/共用物の1日/逃走/捻れた関係/残酷な使役/燭台の夜/見られながら感じて/拷問遊戯/ペット輪姦/壊れていく/不意を衝く/懲罰/夏美の本性/事故処理/リボーン/奥付

作品情報/動作環境

作品番号
RJ105849
ファイル名/ファイル容量
RJ105849.zip / 1.38MB (1443573Byte)
注意事項
この作品は
「小説『十二階』第一部(RJ087753)」
「小説『十二階』第二部(RJ099496)」
と内容の重複があります。
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「共用淫虐妻・千春」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件