({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 Cauldronフォローする
販売日 2012年09月14日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
4.53MB

作品内容

体から触手が生えたお姫様のいやらしいイラストCG集です。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「触手姫ver.2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おっぱい(2) 触手(2) パイパン(2) 陵辱(2)
触手姫、再び

2016年04月04日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

身体から髪の毛まで触手に変えて生やす姫君による、女性達との肉体的交流(笑)を
描いた作品集の第2作目です。
ナイス●ディな姫君と、それに負けず劣らすのスタイルのヒロイン女性への凌辱百合
プレイによる官能美は健在です。一方的に凌辱される者、姫君と共に触手プレイの
快楽に浸る者…エロティックな各シーンの描写は、もはや一つの芸術域?に達して
いると思います。

触手姦や異種姦のイラスト好きな方は是非とも購入して欲しい作品集ですねッ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!触手とレズプレイの良質なコラボ

2013年05月31日   投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×1人

下半身から触手を生やした姫君に襲われる女性達を描いたエロCG集です。
基本絵10枚、テキストや差分はなし。
絵が非常に綺麗で、CGと言うより絵具で描いたイラストか絵画の様で、作品のダークな雰囲気に合っています。
姫とヒロイン達は全員美巨乳パイパンで、姫とヒロインの1対1での凌辱がメインになります。
ヒロインの重複しての登場はなく、姫の1人オナニーシーンが1枚だけあります。
姫・ヒロイン達共に素晴らしい乳の持ち主で、指での愛撫やおっぱい同士での潰れ具合等、実にエロティックな描写で描かれています。
姫の下半身は人のそれと等しく2本の足があり、通常の女性とほぼ遜色ありません。
触手は尻や太ももから生え出している感じで、触手が足という訳ではないようです。
姫の着衣はロングドレスかキャミソール、それ以外は全裸です。
ヒロイン達はオール全裸になります。
襲われるヒロイン達の表情からは、恐怖や抵抗の意思が感じられますが、同時に快楽も感じている様な向きも見受けられます。
中には恍惚の表情を浮かべ、姫や触手と快楽を共有している娘も居ます。
姫が側に居て、触手と一緒に責めに加わっているせいか、レズプレイ的な色が強く、ガチなレイプ感は薄らいでいる様な気がします。
凌辱は好きだけど、ガチなレイプは苦手という方には嗜好が合いそうです。
ヒロインの身体の具合が良いせいか、姫もとても気持ち良さそうで、その姿は女王様というよりも、ヒロインへの愛しさが感じられて、結構可愛く思えたりもします。
フェラ・パイズリ・膣挿入・2穴責め・中だし等、触手姦の醍醐味は一通り味わえる内容です。
射精部位は汁多めですが、それ以外の姫やヒロインの身体は、汗が少し伝う程度で綺麗なものが多いです。
触手・巨乳・レズプレイでの凌辱がお好きな方であれば、購入してまず間違いはない良作かと思います。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]