({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
サークル名 TriaL3フォローする
販売日 2012年08月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
イベントコミックマーケット82
ジャンル
ファイル容量
460.62MB
動作環境
要インターネット接続環境

作品内容

着エロ×3P×百合。
18禁オリジナル女性フルボイス。
短編アドベンチャーゲーム。

学校の屋上で少女二人のキスシーンを見かけた主人公のとった行動は……。
全ルート精神的百合、ルートによっては男女の絡みあり。

▼ 内容
学校の屋上で黒髪ロング少女とツインテールの少女の
キスシーンを見かけた主人公のとった行動によってルートが分岐します。

・強制/無理矢理個別ルート
・強制/無理矢理3Pルート
・3Pルート
・ラブラブ/あまあま百合ルート
など。

▼ 傾向
着エロ ・制服・ネクパイ(ネクタイがおっぱいに挟まれる状態)。
百合

※全ルート精神的百合ですが、
 肉体的男女の絡みもありますのでご注意ください。

▼ その他

画面解像度 : 1280x720(縮小表示も可能)

女性キャラフルボイス。
声優・椎那天による一人二役・百合の演技にもご期待ください。

▼ 制作

企画・制作 : TriaL3(沖田かず)

原画 : 世恋
シナリオ : 遥、せあら
音楽 : s_e_beat+江川宗一郎
CV : 椎那天
CG監修・背景・ロゴデザイン : せあら
プログラム : 御影(Artemis Engine)
システム : 沖田かず

作品情報/動作環境

CPU
Pentium 4 1.7GHz以上 [2GHz以上を推奨]
メモリ
1GB以上 [2GB以上を推奨]
HDD
最低1GB以上の空き[5GB以上の空きを推奨]
VIDEO
Direct3D対応のもの ビデオメモリ64MB以上 [128MB以上を推奨]
DirectX
DirectX9.0c以上

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「放課後の鳥かご ~百合少女攻略~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

百合ものだけじゃなくて百合攻略もの

2018年02月06日   投稿数 : 4位

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

学校の屋上で少女二人のキスシーンを見かけた主人公、この後どうするかを選択する18禁同人ADV。
話は短めだけれど、普通に百合で終わるルート、個別にヒロインを攻略するルート(和姦/凌辱)、2人まとめて攻略するルートと、分岐は結構ある。

個人的に良かったのは、レズ関係にある2人の少女を攻略するシチュエーション。
私は百合レズ好きなのだけれど、どんな百合レズが好きかは人によって違いがあると思う。
私は女同士で絡む百合ももちろん好きなのだが、女同士で絡んでいる中に混ざって俺も一緒にエロエロしたいぜ!と言ったエロも好き(とういうかこっちのほうが好き)。
中には百合レズものに男が出ることそのものが受け入れられない人もいるだろうから、意見分かれるだろうけれど、私にはこのレズ関係にあるヒロインを同時に攻略できるのが本当に良かった。

ただの3Pと違うのはヒロイン2人も互いに相思相愛なこと。
同時攻略だと主人公と1人目のヒロイン、主人公と2人目のヒロインは互いに恋仲でも、ヒロイン同時は(仲悪くないかもしれないけれど)恋仲では無い場合が多い。
こういう作品は趣味嗜好が合えばクリティカルだと思う。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]