({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年08月18日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
JPEG / メディアブックパブリッシャー形式
その他
ジャンル
ファイル容量
22.08MB

作品内容

水越さんが電車でおもらししたのを不審に思った松隆はその事をコムギに相談する。
しかし、その相談に来た松隆をコムギは撮影し始める。そしてそんな時に限って松隆は尿意を催して…

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「尿ゼミ」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

おすすめ!もらしっ娘の、もらしっ娘による、もらしっ娘の為のゼミ!!

2012年08月22日  

このレビューは参考になった×1人

冊子版で購入した作品ですが、ダウンロード版の販売開始に伴い、レビューを投稿しました。
水越先輩が電車内でおもらしする姿を間近で見てしまった松隆ですが、おもらしフェチを理解させようとするコムギに言い包められて…最終的にはしっかりとおもらししちゃうワケですが、もらす直前の「両手でミニスカ越しにオマ○コをギュッと押さえて、必死に太腿を擦り合わせる」という描画には、毎度ながら力が込められてるなぁと感じます。
おもらしフェチに重点を置いた仕上がりになっていますが、ストーリーを全体的に読んでみて、率直に思った感想は「おもらしフェチが理解出来ないというのは、人生の9割9部9厘9毛9糸9忽9微9繊9沙9塵9埃9渺9漠9模糊9逡巡9須臾9瞬息9断指9刹那9六徳9虚9空9清9浄を損するのと同じだ!!」の一言に尽きます(あくまでも個人的な見解という事で…)。
おもらしやおしがまフェチが理解出来ない方は、一度当作品を読んで、「おしっこを我慢してクネクネ悶える女の子の姿が、いかに『下手に取ってつけたようなポーズ』よりソソられるか」というのを理解して欲しいと思います。そして、既にフェチを理解されている方々は、本作品を買って、もっともっとフェティッシュにのめり込みましょう!!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]