>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年06月24日
最終更新日2012年06月25日
シリーズ名ロリロリ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ジャンル

作品内容

★イントロダクション

もしも◯学生に戻れたら? もしもそこで魔法が使えたら?
きみは何がしたい?

好きな女の子の服を剥がしたり、先生を発情させてみたり、
透明になって更衣室を覗いたり……。

魔法学校はそんなきみの夢が叶う場所!
同級生や先生相手に、とことんエッチな魔法を楽しんじゃおう!


★ストーリー

「はい、みんな〜! 魔法学校に入学おめでとう!」

風船みたいなおっぱいを揺らしながら、魔法使いの先生が黒板の前に立ちました。
ぼくの目はおっぱいに釘付けです。

「これから数年間、みんなには性魔術を学んでもらいます。
 いっしょに楽しくお勉強しましょうね」

先生はみんなに自己紹介するように言いました。
ヤンチャそうな子、マジメそうな子、明るそうな子、おとなしそうな子。
可愛い女の子もいっぱいいます。

「さあ、机の上にある箱を開けてみて。面白そうな道具でしょう?」

一人ひとりの机の上に置かれたお道具箱のふたを開けてみると、
見たこともない道具がぎっしり入っていました。

「どこまでも成長する触手の種、こっちは透明マント、
 エッチな気分になれる媚薬のもと、この耳と尻尾は獣化キットね」

先生は魔法の道具を一つずつ手に持って説明しました。
これを使ってどんな授業をするんだろう。ぼくの胸の鼓動は高まります。

「みんなにはこれを使ってエッチしてもらいます。
 でも、あくまでもこれはお勉強よ。イタズラに使っちゃダメだからね」

そんなことを言われても、ぼくたちの目は期待で輝いています。
ぼくのち○ち○も期待で膨らんできました。


★魔法学校 校訓

明るく いつも明るく礼儀正しく思いやりをもってエッチをする子。

正しく 正しい性魔術を学び、エッチの喜びを体得する子。

たくましく 心身ともにたくましく、根気強くエッチを頑張る子。


★構成

基本絵5枚×シーン展開5枚

素顔差分 25枚
眼鏡差分 25枚
目隠し差分 25枚
テキスト差分 50枚

総CG数125枚


★スタッフ

原画/彩色:らすかる

作品情報/動作環境

作品番号
RJ097590
ファイル名/ファイル容量
RJ097590.zip / 66.83MB (70073483Byte)

魔法学校のHな授業の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「魔法学校のHな授業」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件