({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2012年06月19日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
1.41MB

作品内容

スト○ベリーパニックの静○×渚○のラブラブでイチャイチャな百合エッチノベルです。

愛しい渚○と穏やかなお茶会を楽しむ静○だが、その心の底では悪戯の虫がゴソゴソと動きだしていた。
「ねぇ、渚砂? お部屋番の服、着てみたくない?」
唐突にお部屋番の衣装を着てみないかと言いだす静○に、さすがに戸惑う渚○。
だが、自分も着るから…と静○に提案され、断りきれなくなってしまう。
「素敵よ。とても可愛いわ、渚砂」
「良かった。なんかこの格好、ちょっと恥ずかしくて。えへへ…」
「恥ずかしいなんて…そんなことないわ。渚砂。とても素敵よ…。ほんとに……」
そう言いながら、静○は吸いよせられるように渚○に歩みより、そっと唇を重ねる。
やがて全裸になり、体を重ねる二人。
静○は自らの裸身を渚○の裸身に押しつけるように強く抱きしめて口づけを交わし、汗に濡れた熱い肌を吸う。
たがいの秘所に指を潜りこませて媚肉をまさぐりあい、静○と渚○は夢中で快感を高めていく…。

静○と渚○の愛情たっぷりで甘々でイチャイチャな百合エッチ物語です。

作:鳳翔 伶。

体験版(インストール不要)もご用意しました。
作品の一部をお読みになれますので、どうぞご覧ください。

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「おねえさまとお着がえそうどう ブラウザ版」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件