同人 > 夢幻童 > STIGMA > STIGMA Side-Koichi Vol.1

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 夢幻童フォローする
販売日 2012年05月19日
シリーズ名STIGMA
年齢指定
作品形式
ファイル形式
PDF / EPUB
その他
ページ数136ページ
ジャンル

作品内容

誰にも明かせない、極端に不遇で忌まわしい生い立ちを秘め、人との関わりを避け、幼い頃から自らを「とうめい」な存在として生きてきた少年、幸一。■4の春、引越した先のマンションの隣人黒崎は、幸一には理解できない奇妙な強い関心を彼に抱く。
 当初は強引さに戸惑いながらも黒崎の「好意」や親切に流され、次第に彼に依存し始めた幸一は、全くの無知の状態から少しずつ、早すぎる性的体験を刷り込まれていく。

 梅雨明けの土日。初めて黒崎の家に泊まることになった幸一は、黒崎の用意した明け方まで続く痛みと快楽の性の狂宴を、戸惑い、おそれながらも受け入れていく……。

 物語開始時点では、セックスの意味も知らず、オナニーに至っては言葉も知らず、精通もまだ遠い少年の一人称による主観的なエロスと快楽、恐怖や苦痛の描写。その向こうに仄見える業深き学者黒崎の悪意。

 約69000字。挿絵2。

スマホで快適読書 DL版はEPUB、フルカラー挿絵同梱

PC、タブレット端末向けPDF、スマホ向けPDF、EPUB(縦書きルビつき電子書籍フォーマット)の3ファイル同梱。EPUB版にはカラー挿絵バンドル。挿絵2枚、フルカラーカバー、表紙モノクロ、カラーの高画質JPEG画像をおまけとして収録。
□注意事項
※EPUBファイルについては、付属テキストに詳細な解説、仕様、読書方法を記しています。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ095858
ファイル名/ファイル容量
RJ095858.zip / 55.14MB (57822862Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

STIGMA Side-Koichi Vol.1の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「STIGMA Side-Koichi Vol.1」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件