>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

結婚しようと思っていた彼女をNTRた上に寝取った相手と彼女に黒ギャルマゾとして調教される。
・・・そんな18禁小説です。

〜〜以下のプレイを含みます。〜〜

☆NTRた彼女同伴で、売春させられます。
(ゲイのリーマンに、青姦で犯されます)

☆売春で逮捕→職場でバレて、懲戒解雇になります。

☆間男の股の下に拘束されて、
彼女のマ○コに間男のチ○コが突き刺さっているところを強制的に見学させられます。
(もちろん、そのままミックスジュースを飲まされます)

☆おしっこ穴さえ無い貞操帯を嵌められます。
鍵は間男と彼女に無理やり捨てさせられます。

☆貞操帯を嵌めた途端、彼女のフェラ+お尻フリフリを見せ付けられます。
(勃起で来ません。貞操帯があるから)

☆黒ギャル+貞操帯を嵌められた体で、ヌードモデルをさせられます。

☆結婚式の最中に、オチ○チンにスタンガンを押し付けられます。
(→オシッコお漏らし)


「僕はもうすぐ、仕事を失くします。
僕はもう、『男』ではありません。
僕は、一生おふたりの許しがあるまでご奉仕し続けます。
僕に居場所をください。
お願いします。
一生、御奉仕します。
どうか、どうか・・・
黒ギャルビッチの優真を、お近くにおいてください」



■全60ページ。(400字詰め原稿用紙50枚以上)
■文字数 2万文字以上。
■挿絵完全フルカラー 3枚。
■JPEG画像版小説、PDF版が入っていますので携帯、スマホ、iPadでも読めます。

作品情報/動作環境

作品番号
RJ092643
ファイル名/ファイル容量
RJ092643.zip / 9.62MB (10091175Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「彼氏様と彼女様と、NTRて黒ギャルビッチになった僕(後編)」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

女装(2) 寝取られ(2) スタンガン(2) 教師(2)

待望の後編。

2012年04月27日  アーサー さん 投稿数 : Best50

このレビューは参考になった×0人

前作で彼女を寝取られ、女体化、黒ギャル化させられたマゾな元彼が堕ちるところまで堕ちていきます。
今作は売春、貞操帯、視姦といったプレイ内容で、前作同様堕ちていく悲愴感に興奮できます。
前作が気に入った方、寝取られ好きな方にオススメな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

ぷほーーー!

2012年04月12日  upppp さん

このレビューは参考になった×0人

後編作品。
前作品を見た人は理解できているであろうが、彼氏おっぱい携えていくとこまでいっちゃいますよ!
多少犯罪的な表現やガチ男の世界的な表現が出てきます。
最終的に驚きの展開になったが、これはこれでハッピーエンドなのかな?

ある意味、女性の心情を表した作品に感じました。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]