>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年03月16日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
ページ数20ページ
ジャンル

作品内容

その辺のHゲームより相当エロいと大評判のゲーム「ア●ガミ」に登場する、
男殺しの天然の女王こと、「森●はるか先輩」が、
卒業式を済ませ、ひびきとの校門で待ち合わせの約束をブッチし、
橘といつも寸止めで、お互いずっとやきもきしていた“ポンプ小屋”で
Hな思い出作りと、今まで溜まっていた性欲が一気に解放されたの如く
とろけるような激しいディープキスから、
はるか先輩の豊満で手に吸い付くようにしっとりとしたオッパイを揉みまくり
敏感な乳首を弄んだりと、先輩イジリを続けていていく。
そんな最中、ひびきからの携帯が鳴り、
橘はその着信音と連動するバイブレーションを使い
敏感なク●トリスに充てがい、それを濡れたぎったマ●コにも挿入し
それに快感を覚えたはるか先輩が、突然着信が切れてバイブが止まったことに逆ギレして
折り返し電話をしたことにより、ひびきに今何をしているのかと問われてしまう。
そこから橘とのセックスがバレないようにと、テレホンセックスプレイが始まってしまい
それに乗じて、橘がいつにも増して、過激な体位や突きで
バレるかバレないかの背徳感を助長し動揺させて興奮を高めさせ、
はるか先輩を弄び続けていく…。
グレースケールコミックで20pとなっとります。

その他サークル活動、同人誌、ダウンロード情報は
http://soyosoyo.sblo.jp/ にて更新中です(^_^)

作品情報/動作環境

作品番号
RJ092352
ファイル名/ファイル容量
RJ092352.zip / 16.44MB (17235241Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「はるか先輩の…ポンプ小屋狂想曲」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 0件