>    >  

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
{{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})

作品内容

(本編から引用)
あら、どうぞ…いらっしゃい…
癒しの部屋へようこそ…
ここは部屋全体が水に包まれた特殊な空間…
今夜は、私があなたを心を込めて癒してあげます…

あれは何かって?
ただのウォーターベッド…
人間の体温より少し低めに温度が設定されていて、
適度な心地よさを生むことができるの…

あ、コートは預かってあげますから…
はい、じゃあどうぞこちらへ。

そうそう、この部屋にはルールがあるんです。知ってますか?
それはですね、あなたの精神状態とこの空間の温度がリンクしているということです。
もうちょっと詳しく説明しましょう。
つまり、あなたの精神が完全な睡眠状態に入った時、
この空間の水が凍ってしまうんです。
勿論そこのウォーターベッドもです。凍ったら冷たいですよ
だから適度に意識を保っていないと
部屋ごと凍ってあなたも私も凍ってしまうんです。
あなたが起きれば、氷は溶けてまた何事かもなく普通の状態に戻りますが、
多分その時にはあなたは風邪をひいてると思います。
そうならないためにも、絶対に寝ないでくださいね。

あ、そうだ。今日はあなたのために特別にコスプレをしてあげる準備をしているんですよ?
ほら、ここに何種類かあるので選んでみて下さい。
どれにしますか?
ふーんそういうのが趣味なんですか?
スク水って…でもまぁウォーターな世界ですし、合ってるといえば合ってますけどね…

じゃあ着替えますから、目を瞑っててくださいね…
…絶対見ちゃダメですよ?
さぁ、目を閉じてください…

------------------------------------------
当作品は催眠音声です。あえぎ声やフェラ音はあまりありません。
体験版に入っている台本とサンプル音声をご確認の上ご購入ください。

シナリオ:shinki
http://www.voiceblog.jp/everestpeak
CV:霜月優
http://shimotsukiyuu.blog44.fc2.com/
イラスト:眞人
http://www3.kcn.ne.jp/~mahito/

【トラックリスト】

01 - 注意事項(33秒)
02 - 導入(18分38秒)
03 - 癒しの快楽(14分54秒)
04 - 水中の快楽(8分32秒)
05 - 解除(1分20秒)

合計 - 43分58秒

作品情報/動作環境

作品番号
RJ091781
ファイル名/ファイル容量
RJ091781.zip / 67.84MB (71136356Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「スク水催眠」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 1件

エロい!

2013年05月11日  さんご さん

このレビューは参考になった×0人

めちゃくちゃエロいです。
そして甘いです。

催眠状態にしてからのエッチパートが長く
途中途中に深化や暗示がないため
相当深く入れる人以外は途中で醒めると思います。
催眠作品としてはちょっとキツイかもしれませんが
ボイスドラマとして最高に楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]