({{ product.rate_count }})
平均

{{ product.rate_average_2dp }}

内訳

星5つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

星4つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

星3つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

星2つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

星1つ

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売数 : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
販売日 2011年12月19日
最終更新日2012年06月01日
シリーズ名アノ娘の吐息
年齢指定
作品形式
アドベンチャー / おさわりゲーム + 恋愛シミュレーション
ファイル形式
その他
ジャンル
ファイル容量
376.18MB

作品内容

前作でご好評いただいたおさわりゲー第2弾!

おさわりをはじめ、
『プレイヤーが操作しての責めを行う』ことに重点を置き大幅進化!

■おさわりでは、
 『触り』『キス』『舐め』『見る』『嗅ぐ』という、
 多種の責めを導入!
 加えて、クリック状態の変化でも責めが変化!
 おさわり操作にて、6種10系統の責めを実現!

■女の子には、部位の概念を導入!
 プレイヤーの操作で、責めと部位に応じたセリフを彼女が言うことも。

■『手マン』『挿入』『スパンキング』責めを新たに導入!
 マウスを大きく動かすことによる操作で、
 プレイヤーの高まりをゲーム操作に反映させた責めも!

■パーツ単位の脱衣、加えて、“スクロール機能”導入により、
 一枚絵品質にて、好きなビジュアルでのおさわりが可能に!

■言葉責め、コマンド責めも導入。

■人目がある中で恋人同士のようなやり取りをしたり、
 エッチなちょっかいを出して楽しむ『道パート』、

 ちょっとした日常の彼女と触れられる『日常パート』も導入。
 ただエッチをして終りではない、彼女との触れ合いも体験できます。

■エッチパートと道パートを体験できる■ 体験版 ■をご用意しましたので、
動作確認と併せてぜひともご体験くださいませ!

作品情報/動作環境

CPU
Pentium 以降
メモリ
768MB以上
VIDEO
65536色 (TrueColor, 16bit) 以上
DirectX
DirectX9 以降が導入されている環境を推奨

アノ娘の吐息2の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

最近チェックした作品

「アノ娘の吐息2」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

ピックアップ

おすすめ!ゲームの理想がここにある

2011年12月30日  

このレビューは参考になった×13人

レビュアーが選んだジャンル :

人生でいろいろなゲームをやってきましたが、この作品はその中でもトップクラスです。
ヒロインは某アニメ的なキャラですが、私もそのアニメは見ていましたが、途中からそこはもうどうでもよくなってくるほどの完成度。

プレイ自体は手軽なものではなく(ゲームオーバーはありませんが)、パラメータを上げるのも一苦労ですが、その分頑張って上げた数値を実感出来る仕上げです。

日常パート、会話パート、ライブパート、お触りパート、エッチパートと、それぞれが一本のゲームとして販売できるぐらいの凝った作り。
パラメータも膨大な数で、もう何種類あるのか数えられないくらい。それらが相関してあらゆることに影響するという、個人制作であろうにどうやって制御してんのという驚き。
パラメータ好きはそれだけで絶頂してしまいそうですw

日常を過ごし、じわじわと彼女との関係を親密にし、恋愛し、肉体関係へ。それだけでは終わらずエッチも経験を積んでいかないといけない。
これほど底が見えないエロゲはありません。素晴らしいです。

制作には膨大な時間と労力と頭脳を使ったと思われ、頭が下がる思いです。
欠点を挙げるとすれば、地理がわかりにくい、という所でしょうか。マップと地名を常に表示できればいいんですが。
そして、ヘルプを見ないと気がつかないような操作があるので、軽くチュートリアル的なものもあればいいかなと。…ちと贅沢かもしれませんが。

それを差し引いても恋愛エロシミュレーターとしては出色の出来の良さ。ほぼ完璧。買うべき。そしてやり込むべき。

95/100!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!本当の恋愛シミュレーションゲーム

2018年04月08日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

恋愛ゲームと呼ばれるゲームは数ありますが、このゲームほど本当にヒロインと恋愛してる気分になれるゲームは希少だと思います。

とにかく行動の選択肢が多く、エッチシーンに入る前の日常の部分からヒロインに対してできるアプローチが大量にあります。
特に一緒に歩きながら会話するときの臨場感がとても良く出来ており、ただ会話するだけでなくちょっと近づいて髪に触れてみたりなど微笑ましいやり取りも楽しいです。
ヒロインの反応も内部データがとても多いのかその日の気分やそれまでのやりとりによって毎回異なるものを見せてくれるし、仲良くなればどんどん反応が良くなっていきます。それがまたリアルな恋人関係を味あわせてくれます。

必死に会話を広げてご機嫌を取ってなんとかエッチシーンにたどり着いたときの感動もひとしおですが、シーン自体も日常パートを凌ぐ量の選択肢が用意され、プレイヤー自身がお触りして女の子を感じさせる感覚が非常に興奮します。

雰囲気のあるイラストと耳元で囁くようなボイスのおかげで実用感もとても高く、エロゲーとしても最高の出来だと感じました。

最初はやれることが多すぎるのと操作感が独特なため慣れるまで苦労するかもしれませんが、そういうゲームほど慣れた後は自由自在に動かせるようになりゲームを堪能できると思います。

女の子と付き合っている、エッチしているという『臨場感』に重点を置いた作品なので興味のある方には是非オススメしたい作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

隠れ名作!

2017年07月08日  

このレビューは参考になった×0人

※ネタバレ※ このレビューには作品の内容に関する記述が含まれています。 レビューを表示する

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!なぜだ

2017年04月14日  

このレビューは参考になった×1人

レビュアーが選んだジャンル :

なぜこれ程の良作がヒットしていないのかが不思議です。
アドベンチャーとありますが、シミュレーションゲームに近いもので、体力や音楽センスはたまた眼力など様々なステータスを上げて、ヒロインとの交流を楽しめるゲームです。
親密になった時の達成感やエッチの素晴らしさはおすすめです。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!おさわりゲームの最高峰

2016年08月13日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

非常に自由度が高いゲームです。
ヒロインの澪ちゃんそっちのけで、いい音楽を作り最高のライブを目指したり、逆に澪ちゃんと一日中いちゃいちゃするだけといったプレイができます。
メインのおさわりパートも多種多様な攻めが可能になっています。
ゲームオーバーもエンディングもないので永久に楽しめます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

個人的には好きです。

2016年05月15日  

このレビューは参考になった×0人

かなり賛否両論分かれるゲーム内容と個人的には思います。
このゲームは、主人公のステータスを上げて意中の女の子を落とす。というかなり解りやすいゲームなのですが、いかんせんステータスをあげる育成要素が複雑かつ、時間のかかるものです。
ですが、その複雑な要素をクリアしつつ女の子と良い仲になれたときの達成感はとても病み付きになります。
なので根気よく育成ができるよ。とか女の子と仲良くなる過程のドキドキ感を楽しめるよ。という方はオススメです。
雰囲気的にいえばラブプラスとメルクリウスプリティなど好きな方は向いているかと思います。
個人的には大好きな作品です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]