同人 > ぱいんとさいず > 受胎組曲 シリーズ > 受胎組曲 ~Epilogue~

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
販売日 2012年02月07日
シリーズ名受胎組曲 シリーズ
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル
  • この作品はブラウザ上でそのままご覧いただけます。 なお、ダウンロードして閲覧するには「DLsite Viewer」または「CypherGuard for PDF」が必要です。 専用ビューアについて ]

作品内容

響と奏を助けに来たキュ○ビート。
一度は救出し3人で反撃を試みるのだが
次々と触手生物に掴まってしまい
再び受胎させられてしまう…
大きく膨れ上がったお腹、
そして遂に自分たちの手で触手生物を産み出し始める。
屈辱のプリキュ○達はどうなってしまうのか!?

全28P

前作「受胎組曲 〜Prelude〜」も販売中です。
http://www.dlsite.com/maniax/work/=/product_id/RJ080954.html

作品情報/動作環境

作品番号
RJ087422
ファイル名/ファイル容量
RJ087422.zip / 53.12MB (55696252Byte)
閲覧に必要なツール
この作品をご覧いただくには、[ Adobe Reader ]が必要です。下記のバナーより無料でダウンロードできます。

Adobe Readerダウンロードページへ

受胎組曲 ~Epilogue~の同一シリーズ作品

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「受胎組曲 ~Epilogue~」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 2件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

おっぱい(2) 巨乳/爆乳(2) ぼて腹/妊婦(2) 触手(2)

おすすめ!妊娠と出産は狂喜の調べ

2012年08月13日  

このレビューは参考になった×0人

ヒロイン3人が触手に孕まされ常時ボテ腹とデカ乳をタプンタプンさせる漫画です。おっぱいの存在感も凄いですが、お腹のふくらみ具合は段違いです。触手を詰め込んで縦横に有り得ない大きさでせり出していて、まさに苗床です。出産よりも懐妊したお腹に重点を置いている印象を受けました。

全員受胎の影響でお腹と胸が有り得ない大きさになりますが、乳首はちょこんと可愛いままで、ギャップによって逆にエロイです。更に触手たちは少年の姿で小さい乳首に吸い付いてくるのでそのマッチ具合でまたエロさを引き立てます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!触手・孕ませにピンときたら

2012年02月18日  

このレビューは参考になった×2人

ス○ートプリキュ○の触手孕ませものの続編です。
前作を既に読んだ方はもちろん、肉体改造で特に大きな胸やボテ腹を好む方は買いだと思います。
こういったジャンルですが、絵も綺麗で描写も濃く、非常に満足できる作品です。
この作者の他の作品でも言える点ですが、可愛らしいヒロインがけっこう容赦なく敗北→肉体改造→堕落していく様はとてもいい(←外道)元の絵がよく描けているからこそ陵辱のシーンが濃厚で下半身が熱くなる一本です。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]