同人 > kasasagi > 姦虐の地獄道

         
({{ product.rate_count }})
Download : {{ product.dl_count }}
HTML版で表示 {{ __('totalImages', {count: items.length}) }}
{{ swiper.realIndex + 1 }} / {{ items.length }}
{{ __('tools') }}
評価平均 ({{ product.rate_average_2dp }})({{ product.rate_count }})
評価内訳

評価5

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[4].count : 0 }})

評価4

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[3].count : 0 }})

評価3

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[2].count : 0 }})

評価2

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[1].count : 0 }})

評価1

({{ product.rate_count_detail ? product.rate_count_detail[0].count : 0 }})
サークル名 kasasagiフォローする
販売日 2011年10月29日
年齢指定
作品形式
ファイル形式
その他
ジャンル

作品内容

高島久美子は14年前にストーカーにレイプされ父親も殺されると言う辛い過去を乗り越え、現在はJBSテレビの人気ニュースキャスターとして活躍していた。

だが、その犯人であった蛭川三郎が出所したことをきっかけに、華やかなニュースキャスターから、体に詫び証文を刺青された惨めな肉便器に転落してゆくのだ。そして久美子の娘、母親、婦人警官の妹までもが残酷な償い地獄に飲み込まれていく。


母親は中出し俎板ショー専門ストリッパーとして生き恥を晒し、妹も肉便器の道へ・・
そしてさらなる過酷な運命が女たちを待っていた。

(各ページタイトル)

14年前の悲劇
赤い車の女
一本のビデオ
悪夢は再び
母娘の涙
母娘詫び化粧
残酷な再会
母娘無惨
妹の哀しき叫び
身代わり肉人形
離れ座敷の性臭
屈辱の公開生放送
肉便器 高島久美子
中出し俎板ショー専門ストリッパー 珍宝ひさえ
肉便器 高島慶子
女肉の償い
果て無き地獄道
加代子の言い置き
ある日のストリップ劇場にて(牝豚種付けショー、肉便器ショー)
永遠の肉奴



CG117枚+ストーリー(20ページ)

本編画像サイズ:横1000ピクセル

作品情報/動作環境

作品番号
RJ085709
ファイル名/ファイル容量
RJ085709.zip / 31.81MB (33350677Byte)

この作品を買った人はこんな作品も買っています

こちらの作品も見られています

「姦虐の地獄道」 へおすすめレビューを投稿しよう!
書き方や詳細については レビュー投稿について をご覧ください。

レビュー数 : 3件

レビュアーに多く選ばれたジャンル :

母親(3)

おすすめ!久々に興奮!

2011年11月30日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

初めて購入しましたが、とても良かったです。絵も文章もしっかりして、かなりのレベル。特に母親の高島久恵が凌辱される件は異常に興奮しました。熟女特有の崩れかけた豊満な肉体に鬼畜のような男が、むしゃぶりつく様は濃厚なエロさでした。できれば単体で作っていただきたいほど。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!描写がいい

2011年11月18日  

このレビューは参考になった×0人

レビュアーが選んだジャンル :

このサークルの作品初めて購入しました。実に描写がリアルで素晴らしい。男の執念深い、復讐劇に感服しました。母親、三姉妹凌辱興奮しますね。いきなり裸ではなく、衣服脱がしてくれたら最高でしたね。次回作期待してます。

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]

おすすめ!文句なしお勧め!

2011年11月02日  

このレビューは参考になった×2人

昔からこの方のファンですが、肉感溢れるCG、読んだら興奮せずにおれない文章力、総てに文句なし。堕ちた後の描写も素晴らしく、強引な三文京伝を読んでいるかのような肉体、精神堕落、熟女を嬲るのが好きな方は買いですよ!

このレビューは参考になりましたか?  [ 報告する ]